スポンサーリンク

幕末の日本って何であんなに人材の宝庫やったんや?

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:23:56 ID:FFX
打線組むとしたら伊藤博文とか大隈重信とかがベンチスタートになるレベルやん
スポンサーリンク
2: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:24:49 ID:jKZ
だって平時は有能が邪魔者やし

 

3: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:24:51 ID:Ycw
元々人材はおったけど、それが世に出られる環境になったのが幕末ってだけなんちゃう?

 

4: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:25:35 ID:BW8
問題は周囲の状況かと

 

5: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:25:46 ID:ctL
社会的ベースがあれば常に有能予備軍がたくさんなんやで

 

6: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:26:02 ID:7ss
有効活用されるか否かで有能はいつでもどこでもおるやろ
アフリカにもいっぱいおるぞ

 

7: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:29:31 ID:opO
今の政治家と幕末の政治家の一番の違いは戦場に出たことがあるかどうかやと思うわ
命の重さとか軽さを知ってないとあの行動力は出ないやろな

 

8: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:30:14 ID:OyH
変革の時期だから色々表に出てきただけやで

 

9: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:30:46 ID:OyH
あと幕末におんJがあったらおんJ民は維新派の些細な行動をネットで非国民やと叩く毎日やと思うで

 

11: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:31:19 ID:Ycw
>>9
ぶっちゃけ庶民からしたら維新派の方が明らかに迷惑やからなぁ…

 

10: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:31:14 ID:LHd
ただ生き死に入れ替わりが激しいよな

 

13: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:33:13 ID:IFJ
勢いで新撰組入ってブラックさ加減に驚くやで

 

15: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:34:16 ID:FFX
>>13
でも給料よかったんやで

 

18: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:36:35 ID:IFJ
>>15
せやったんか!?正味何ぼくらい?
でも新撰組入って我が物顔の外人力士たちを懲らしめるとかもええなあ…

 

23: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:39:12 ID:FFX
>>18
現在の価値で言うなら下っ端でも手取り200万くらい
衣食住は完全補償

 

28: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:40:48 ID:IFJ
>>23
それは月額で?
地元の金持ちからみかじめとってたとは言えよう金が回ったなあ

 

30: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:41:34 ID:Ycw
>>28
思いっきり時の公的機関なんですがそれは…

 

17: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:35:38 ID:XD1
幕末から日露戦争までがピークだった感

 

19: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:36:59 ID:Ycw
>>17
ピークではないけど成長曲線の右肩上がりっぷりがね…

 

27: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:40:35 ID:7ss
>>19
なお戦後の方がやばい模様

 

20: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:38:10 ID:5rz
どの時代にも有能はそれなりにいると思う
それが発揮される環境やタイミングがあるだけで

 

24: 2018/10/26(金)19:39:38 ID:xP3
世の中が乱れるとワイが頑張ってなんとかしちゃろうという奴が増えるからね

 

25: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:39:42 ID:7ss
結局明治維新って有能やったんかどうかようわからんわ
幕府じゃ無理やったんか

 

29: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:40:56 ID:Ycw
>>25
ワイはある程度封建的な身分制度残しといても良かったと思うてる

 

31: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:41:49 ID:IFJ
>>29
四民平等の建前あらへんかったら明治以降のブーストあらへんかったんちゃう?

 

スポンサーリンク

34: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:43:14 ID:wBg
新政府「「ワイらだけで政治を執り行うぜ旧幕府何ぞいらんは」」
勝「おめぇさん達だけで出来るわけがないいつか苦労するぞ」

 

35: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:43:14 ID:XD1
幕府が存続したら中央集権性に欠けるから近代化が遅れただろうな

 

39: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:44:36 ID:wBg
>>35
だけどそれ以前からの外交交渉やらは引き継ぎ無しでやるのは

 

38: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:44:08 ID:LHd
維新自体は必要だったろうけど、倒幕派・新政府軍のやり方はあまりに荒すぎたわな
「政治工作に負けそうだから武力で黙らすやで」とか共産革命と大して変わらん

 

41: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:45:19 ID:Ycw
>>38
救いは新政府側も基本的には権力サイドにいた人間やったってとこやな
あれがフランス革命みたいな階級闘争やったら本気で日本終わってた

 

40: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:45:13 ID:XUK
新撰組の幹部連中も元は百姓だしな
やっぱ実力が無いと世の中に出られなかった時代なんやろ

 

43: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:45:57 ID:eok
ってか
日本人の性格考えたら幕府を緩やかに解体して
ある程度権力とか立場残してた方が軍の暴走とか起きずに済んだんじゃ
かりに起きても他の立場ある奴がボコりにいって無理矢理止めるとかできたろうし

 

52: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:49:24 ID:Ycw
>>43
ワイもこれやと思うんよ…

 

67: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:54:31 ID:eok
>>52
緩やかに出来てたら上手くいってたよなやっぱり

 

44: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:46:08 ID:7ss
ボリシェビキ怒りの議会閉鎖

 

46: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:47:46 ID:5yd
有能でないと生きていけない
生き残れない環境がある程度続いて
なおかつ無能が生き残れない環境が出来たから

 

47: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:48:01 ID:wBg
旧幕府「ワイらの権限は朝廷に返上したんやでもう薩摩と長州の敵は居ませんよ後会津たちが悪いんやで」
東北諸藩「ファッ」

 

48: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:48:34 ID:XUK
>>47
かわいそう
未だに恨んでるらしいな

 

53: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:50:13 ID:wBg
>>48
しかも政府軍の交渉人がすごく上から目線来やがった

 

49: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:48:42 ID:opO
慶喜は無理やり将軍やらされただけだからな

 

54: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:50:33 ID:LHd
>>49
その割には政治的な対応が上手すぎる件
鳥羽伏見開戦までの流れは流石腐っても将軍やと思うわ

 

50: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:48:49 ID:7ss
後発グループはとりあえず強い政府がないとな

 

51: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:49:15 ID:SsV
東大卒ひとりもおらんし今の方がずっと学歴ある優秀な人材多いやろ
ただ時代がそういう時代だっただけで

 

58: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:51:17 ID:Ycw
どうでもええけど新撰「組」なのに隊士っての昔っから違和感あったわ
新撰組組員じゃいかんのか?

 

62: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:53:07 ID:XD1
新撰組は内ゲバの方がヤバいからな
土方みたいなスターがいたからこそポジティブな立ち位置でいられる

 

63: 2018/10/26(金)19:53:16 ID:xP3
三国志も三国鼎立前が一番人材豊富だった

 

64: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:53:17 ID:LHd
会津は旧幕府の身代わりでもあり、新政府の見せしめ・憂さ晴らしでもあったからな
こんなひどい役回りもないわ

 

69: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:55:06 ID:IFJ
>>64
白虎隊の資料館行ったら隊員の肖像(多分最近描いた)が飾ってあって、
『どうぞ隊士の魂魄を感じ取ってください』
みたいな説明があってちょっと寒気感じたわ

 

71: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:56:17 ID:5yd
>>69
ナニソレきもE
白虎隊の少年や青年を忌避してるわけではなく

 

76: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:57:48 ID:IFJ
>>71
行ってみたら見てみるとええで
『ならぬことはならぬものです』
とか書いてあってびびるわ

 

80: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:59:13 ID:5yd
>>76
『ならぬことはならぬものです』
は標語だからいいとしても使い方で気色悪くなるもんやな
誰が
それを
何を意図して
陳列してるかってのをよく考えないとな・・・

 

スポンサーリンク
68: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:54:56 ID:7ss
アジア眠りからさめるの遅すぎやろ
日本は一番時間があったからうまくいった感ある

 

70: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:55:21 ID:XD1
なんか維新後の欧米列強と日本との関係を見ると、案外良い連中に見えてくる
技術の提供とか軍艦の購入とか得られた利益結構デカかったし

 

73: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:56:58 ID:Ycw
>>70
薩英戦争とか含めて一発かましたのはデカかったかもな
完全に侵略するより都合のええ取引相手にした方が得と思わせる事が出来た

 

82: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)19:59:40 ID:ZPj
徳川慶喜とかいう貧乏くじ引かされた感すごい最後の将軍
まぁ幕府の人材がピンからキリまで一通り揃えてたし多少はね

 

89: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:01:07 ID:JOx
>>82
徳川家中での人望の無さは自業自得の面はあるけど
政治的判断と実行力は天才やな

 

84: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:00:14 ID:IFJ
日露戦争で日本アゲする奴いるけど、あれ例えば今の国際情勢でフィリピンが
『ほな、これからいっちょ中国にケンカ売りますわ!!』
言うたみたいなもんちゃうんか?
諸国こぞりて応援するやろ

 

98: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:01:46 ID:Ycw
>>84
そら(フィリピンに資金と多少の武器売却したら単独で中国海軍全滅させてしもうたみたいな話なんやから)そうよ

 

85: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:00:34 ID:XUK
修学旅行で会津の藩校行ったで
でも正直白虎隊にはそんな惹かれなかった

 

86: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:00:41 ID:XD1
30かそこらの軍人一人に日本騎兵の育成を任せる辺り、若者にとっちゃ夢のある時代だったな明治は

 

87: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:00:43 ID:LHd
今の日本ならともかく、幕末・明治の日本を侵略する旨味ってあるのかな?

 

90: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:01:22 ID:7ss
>>87
貿易で利益あげられたら十分やからな

 

92: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:01:30 ID:ctL
18世紀以降の帝国主義の時代は最低限の武力で財産を奪い取るのが正義な時代だから、武力でなんとかできないとわかって始めて交渉のテーブルができる。
あの清帝国ですらアレだったからな

 

94: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:01:38 ID:XD1
なお敵前逃亡おじさんでもある模様

 

112: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:03:43 ID:JOx
>>94
会津桑名兄弟を連れて大坂城脱出は政治的判断としてはパーフェクトやろ
あの状況で大坂籠城やったら日本にとっては致命傷になりかねん

 

116: 名無しさん@おーぷん 2018/10/26(金)20:04:04 ID:5yd
なんだか結局現代からみた歴史やな

 

引用元: 幕末の日本って何であんなに人材の宝庫やったんや?

コメント