スポンサーリンク
1 : 2022/05/04(水)02:05:47 ID:288HkcSO0
映画結構見てきたけど未だにおもろいかつまらんかという感想しか出てこん
この描写は何を意味していて作品全体でこういうことを表現してるみたいなことを視聴後に感想ブログを漁って初めて知る
スポンサーリンク
2 : 2022/05/04(水)02:06:30 ID:9MMXuOSud
見た直後でも話思い出せないよな

 

3 : 2022/05/04(水)02:06:38 ID:C/sqL+cNM
2度楽しめてええやん

 

4 : 2022/05/04(水)02:07:30 ID:HNntKQ1e0
洋ドラながら見するからそういうブログ読んで保管するわ

 

5 : 2022/05/04(水)02:07:49 ID:E/2aUx1b0
なにがどう面白かったのか考えないの?

 

10 : 2022/05/04(水)02:09:34 ID:288HkcSO0
>>5
好きな描写について「こうだからこの描写は好きや!」みたいな分析はする
作品のメッセージを読み取るのが苦手なんや

 

16 : 2022/05/04(水)02:11:20 ID:E/2aUx1b0
>>10
なるほど
少し考え方を変えればええんやないか
どの視点の感想か意識するとか

 

6 : 2022/05/04(水)02:08:11 ID:288HkcSO0
ちなみにさっきはゼアウィルビーブラッドを見てた
タイトルにもブラッドってあるし作品全体で家族とか血の繋がりを意識させる描写があったのにワイは「映像すごいしキャラクターがいきいきしてておもろかったなぁ」としか思わんかった

 

9 : 2022/05/04(水)02:09:25 ID:XzhE+zZK0
純粋な感想ならおもろいおもんないだけでもええんちゃう
「これはこの監督の作品の特徴やけど気づいたか?」や「ワイはこんなとこにも気づいたんやで?」とか「人に見せること」を重視してる考察は気持ち悪い

 

12 : 2022/05/04(水)02:10:33 ID:ffGcWyaxp
考察して見てる人って映画楽しめてるのかな

 

14 : 2022/05/04(水)02:11:08 ID:288HkcSO0
ビッグリボウスキーもさっき見たけど「めっちゃ笑ったしおもろかったなー」としか思わんかった

 

15 : 2022/05/04(水)02:11:18 ID:+vAsoZwx0
考察という名の妄想はかなりうざい
何言っても自分は正しいとしか思ってないところ

 

19 : 2022/05/04(水)02:14:18 ID:xAbKdPh30
>>15
別に考察というか妄想自体に罪はないんよ
他人にその妄想ひけらかしてうおおおして承認欲求満たそうとするやつがウザいだけで

 

17 : 2022/05/04(水)02:13:08 ID:288HkcSO0
演出をちゃんと分析出来る人は尊敬する
タイトルのブラッドは石油の隠喩でもあるとか思い付きもせんかった
たしかに言われてみれば作中の石油と血液が同じような色合いで描かれてる

 

18 : 2022/05/04(水)02:13:27 ID:2ZhrzhXb0
特に印象が残ったシーンを1つだけ切り取って話すだけでも映画の感想としては十分それっぽくなる

 

20 : 2022/05/04(水)02:14:50 ID:288HkcSO0
ゲットアウトくらい露骨なのは何となく黒人差別問題がテーマに組み込まれてるなって分かるんよ
それでも椅子に繋がれたときに綿をほじくるシーンは綿畑の奴隷労働のメタファーみたいな発想が浮かんでこんのや

 

22 : 2022/05/04(水)02:17:18 ID:288HkcSO0
結構教養ないと厳しいよなぁとも感じる
聖書とかギリシャ神話の比喩が割りと頻繁に出てくるからまずそこから勉強すべきかもしれん

 

23 : 2022/05/04(水)02:18:45 ID:9/WU0CTl0
クソ説明不足の作品見たら理解するのに嫌でも考察挟むやろ

 

25 : 2022/05/04(水)02:20:24 ID:288HkcSO0
>>23
ドニーダーコは理解を放棄したで

 

スポンサーリンク

26 : 2022/05/04(水)02:20:37 ID:TMiSMcRS0
エヴァンゲリオンとかいう庵野の人生知らないと考察できない作品

 

28 : 2022/05/04(水)02:23:33 ID:288HkcSO0
>>26
たまにあるよなそういうの
バードマンとかいう映画では役者の人生とキャラクターの人生が重なっててそれ込みで映画見ること前提みたいなところあった

 

27 : 2022/05/04(水)02:23:17 ID:qHPRH6LT0
ネットで言われてる考察というのとちょっと違うかも知れんけど
there will be bloodは10年に数本あるかないかのスケールでかい傑作だしアメリカそのものの比喩みたいな映画やで
宗教と資本主義ていう二本柱がどっちもダークな寓話みたいになってる
細かいとこよりそこ抑えとけばあとは大丈夫だと思うんだけど

 

30 : 2022/05/04(水)02:24:32 ID:ZttJEKTZ0
>>27
おもろそう

 

29 : 2022/05/04(水)02:23:56 ID:blUGuYs6a
教養とか言ったら押し付けがましくも思えるけど結局物事を色々知ってる方が本や映画や漫画や音楽は楽しめるよね

 

32 : 2022/05/04(水)02:26:05 ID:CcBiZwtk0
>>29
でも子どもの時は楽しめていたのに大人になってから楽しめなくなる作品が一定数あるってことは、
経験の蓄積や知能の発達が作品を楽しめなくする場合もあるってことだと思う

 

33 : 2022/05/04(水)02:26:50 ID:blUGuYs6a
>>32
それは単に子供向けの作品を子供として楽しんでだけど大人になっただけでは

 

39 : 2022/05/04(水)02:36:15 ID:CcBiZwtk0
>>33
子どもとして楽しむっていうのはどういう?
俺が言いたいのは、子どもが好んでみる作品と大人が好んでみる作品は違っていて、
子どもと大人の最大の差は知能や経験値の差だから、必ずしも知能や経験(=教養)が
作品をより楽しくするための要素ではないのでは?っていうことだよ
むしろそれらが足りていないときのほうが楽しめる作品もあるんじゃないかなって

 

40 : 2022/05/04(水)02:37:33 ID:blUGuYs6a
>>39
まあその意味では知識教養があるとつまらなく薄っぺらく感じる作品はあるわな

 

37 : 2022/05/04(水)02:36:08 ID:ZW2LN6P80
なろうとか好きそう

 

41 : 2022/05/04(水)02:37:53 ID:288HkcSO0
>>37
なろうは食わず嫌いしてるわ
見てみたら意外とおもろいのかね

 

42 : 2022/05/04(水)02:38:31 ID:ZW2LN6P80
>>41
なろう楽しめる側の人間やと思うで

 

45 : 2022/05/04(水)02:40:21 ID:288HkcSO0
>>42
どういうところがおもろいんや?

 

38 : 2022/05/04(水)02:36:12 ID:tUWuaUHr0
批評も考察もただの知識と慣れだぞ

 

43 : 2022/05/04(水)02:38:59 ID:1olwZdiSM
なろう、異世界転生はある意味新しいわ
仕返しするにしてもユダヤ教とか現世でやり返す話やのに、異世界でってのは

 

51 : 2022/05/04(水)02:49:19 ID:DAno8t/b0
考察好きのワイでもさすがにテネットにはお手上げ状態や

 

54 : 2022/05/04(水)02:53:10 ID:QO6fNDmz0
テネットはサッパリ分からん
映像は面白いっていう感想しかないわ

 

引用元: 考察が出来る人をマジで尊敬してる

スポンサーリンク
協力サイト
人気TOP30

【雑談】あぼーん情報局

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
スポンサーリンク