スポンサーリンク
1 : 2021/03/29(月)02:23:51 ID:rX7AEsMU0
エアプめ
ああいうのが一番ムカつくぜ
"
スポンサーリンク
140 : 2021/03/29(月)02:57:39 ID:GCk/iju0a
>>1
みたいに純文学は娯楽じゃないんだよなぁ~wかぁーっ!ってどの目線から喋ってるんですかね

 

2 : 2021/03/29(月)02:24:22 ID:xpQJRLZ10
ラノベやん

 

3 : 2021/03/29(月)02:25:02 ID:rX7AEsMU0
>>2
読んだ上で言ってるんか?

 

4 : 2021/03/29(月)02:25:53 ID:YftAZGNW0
明治大正期の娯楽は講談本や

 

5 : 2021/03/29(月)02:26:19 ID:MUbHJ4hpa
漱石の猫なんかは娯楽やな

 

6 : 2021/03/29(月)02:26:32 ID:Wbe+GXtqa
今のラノベも将来古典や純文学として扱われる可能性があるということか?

 

9 : 2021/03/29(月)02:27:44 ID:rX7AEsMU0
>>6
ないで

 

12 : 2021/03/29(月)02:28:03 ID:Wbe+GXtqa
>>9
せやな

 

7 : 2021/03/29(月)02:27:05 ID:S+oBiNnY0
純文学ってなんなん?

 

11 : 2021/03/29(月)02:27:55 ID:Wbe+GXtqa
>>7
芸術
文章や日本語の美しさを感じるためのもの

 

8 : 2021/03/29(月)02:27:33 ID:2b1cXqwo0
単に理解してない人が勝手に純文学扱いしてるだけやろそれ

 

15 : 2021/03/29(月)02:29:56 ID:S+oBiNnY0
なんかむずかしそうやな

 

16 : 2021/03/29(月)02:30:10 ID:Wbe+GXtqa
ぶっちゃけ普通に大衆小説の方が面白い
三島だけはいいと思うが

 

20 : 2021/03/29(月)02:31:56 ID:rX7AEsMU0
>>16
ぶっちゃけ媒体が文章ってだけで根本から違うと思うわ
別に大衆小説って本である必要ないわけやん

 

22 : 2021/03/29(月)02:32:57 ID:Wbe+GXtqa
>>20
映画や漫画でもええわけやからな
それは同意やね

 

17 : 2021/03/29(月)02:30:12 ID:oLLXolR50
まあワイは『鶉衣』を愛読してるんやけどね
すまん現代文しか読みこなせない雑魚おる?

 

23 : 2021/03/29(月)02:33:35 ID:rX7AEsMU0
>>17
現代文しか読めん雑魚が増えたから
いわゆる文豪クラスの作家がでてこんのやろ
古典の教養ないと鑑賞用の文って書かれへんとおもう

 

18 : 2021/03/29(月)02:30:58 ID:vxs9j1MMp
斜陽すこ
人間失格嫌いてか好き嫌いの下りで退屈すぎて読むのやめちゃう

 

19 : 2021/03/29(月)02:31:53 ID:vxs9j1MMp
青空文庫で読める没落貴族についてのおすすめの小説教えてください
死後の恋良かったわ

 

21 : 2021/03/29(月)02:31:58 ID:qxKccvxk0
明治娯楽物語とかいうジャンル面白いわ

 

25 : 2021/03/29(月)02:33:42 ID:2b1cXqwo0
具体的にみんなが知ってるレベルの純文学ってなんや

 

26 : 2021/03/29(月)02:34:29 ID:W3Zy5uSb0
大衆小説が今になって持ち上げられて文学とされてるだけやろ?多分50年後には東野圭吾も文学扱いされてる

 

27 : 2021/03/29(月)02:35:30 ID:vxs9j1MMp
星新一は純文学なのか?

 

41 : 2021/03/29(月)02:38:52 ID:rX7AEsMU0
>>27
違う

 

28 : 2021/03/29(月)02:35:32 ID:jpeNqjR7a
根本的に違うとすればパムク、カズオ・イシグロ、アトウッド辺りはどういう分類になるんやろ

 

29 : 2021/03/29(月)02:35:47 ID:lS35HAr50
ほんと高尚病の奴らは救えねぇな

 

30 : 2021/03/29(月)02:35:49 ID:v64W1u35M
三島は純文学と金稼ぐための大衆向けのとは完全に分けて書いとったけどな

 

31 : 2021/03/29(月)02:36:05 ID:Wbe+GXtqa
翻訳されてる時点でそういう括りにはできないやろ

 

32 : 2021/03/29(月)02:36:56 ID:xBHc7iHE0
ストーリーや人物の面白みを味わうものを大衆小説とするならばそれらを描写する文体そのものを味わうのが純文学よ

 

37 : 2021/03/29(月)02:38:06 ID:2b1cXqwo0
>>32
そう思うと読み手側が区別する感じやな

 

スポンサーリンク

34 : 2021/03/29(月)02:37:45 ID:R7s2T9WA0
純文学って文章としての美しさとかを鍛錬してる分野ってこと?
まあそういう視点でみると文学以外の本は
今や本である必要はないな

 

45 : 2021/03/29(月)02:39:58 ID:rX7AEsMU0
>>34
ぶっちゃけ区別できるのは日本文学だけや
第一に文章がくるからな

 

35 : 2021/03/29(月)02:38:04 ID:glLugsEpa
違うものを違うと言ったらやれ高尚ぶってるやれだから小説はオワコンになった
議論ができないのか
違うものを同じだと言えば満足なのか

 

36 : 2021/03/29(月)02:38:04 ID:GUyq+m2G0
まぁ狭い世界でなんかいちいちあーだこーだうるさい世界なんやから廃れるわな
音楽なんかは堅苦しいのからくだけたのと幅広くあって
それぞれ認めつつ自由なイメージやのに

 

40 : 2021/03/29(月)02:38:51 ID:lS35HAr50
俺たちカッコいい小難しい言葉使ってつまらない物語書いてますよってだけだろ
単なる言葉遊び
小難しいこと=正しい みたいなことを考えてる奴をワイは高尚病と名付けた

 

44 : 2021/03/29(月)02:39:50 ID:RW1o8tva0
>>40
コンプみたいでかっこわるい

 

49 : 2021/03/29(月)02:40:47 ID:lS35HAr50
>>44
何の?

 

59 : 2021/03/29(月)02:41:50 ID:RW1o8tva0
>>49
高尚と言われてるものに対するコンプレックスが丸出しでかっこわるい

 

72 : 2021/03/29(月)02:44:09 ID:lS35HAr50
>>59
そんなものはない
君の妄想や

 

42 : 2021/03/29(月)02:38:53 ID:cxvDkQEL0
Twitterやん

 

46 : 2021/03/29(月)02:40:06 ID:v64W1u35M
昔は面白いと不真面目で純文学ではないみたいな風潮あって
それに歯向かったのが無頼派とか新戯作派とか呼ばれた安吾太宰織田作あたり

 

65 : 2021/03/29(月)02:43:04 ID:W3Zy5uSb0
>>46
安吾は推理小説以外は大して面白くないやろ、どちらかと言うと純文寄りな気がする。太宰はわかる、生粋のエンタメ作家

 

47 : 2021/03/29(月)02:40:17 ID:sPdIR1X80
日本語の美しさ云々が純文学の条件なら遠藤周作先生の作品は純文学じゃないよね
だって自分で「私は文章が下手だ」って言ってるし

 

50 : 2021/03/29(月)02:40:47 ID:ugvIM6zZ0
ストーリー自体はクソゴミなのもある純文学
でもいいんだよこういうので

 

53 : 2021/03/29(月)02:41:13 ID:IIF+xG8Gp
ウェルテルとかもベストセラーだったんやろ

 

56 : 2021/03/29(月)02:41:33 ID:R7s2T9WA0
ライトノベルとかははっきりいってキャラクター漫画描けないやつが
文章書いてるって逃げ場に見えるんだわ
なろうで書いてるやつ漫画書けるなら漫画書くでしょ

 

91 : 2021/03/29(月)02:48:15 ID:OSrrXHuc0
>>56
筒井康隆ディスかな?

 

57 : 2021/03/29(月)02:41:38 ID:6TxAN41B0
村上春樹は純文学?
ラノベみたいにスラスラ読めるけど

 

71 : 2021/03/29(月)02:43:50 ID:rX7AEsMU0
>>57
純文学って定義が曖昧やけど
ワイは文章を第一にみてる
村上はちゃう
けど日本文学の話やからそれは分かっといてな

 

58 : 2021/03/29(月)02:41:39 ID:dmnF+GSW0
我が猫とかあれ登場人物全員女の子にしたら完全にラノベやしな

 

60 : 2021/03/29(月)02:42:10 ID:2b1cXqwo0
>>58
女の子にしなくてもラノベや

 

62 : 2021/03/29(月)02:42:40 ID:2b1cXqwo0
このスレの大半全く具体性ないけど
これも中身ではなく文を楽しむ純文学でええんか?

 

63 : 2021/03/29(月)02:42:48 ID:c4Q5DtLZa
フェミとかどうでもいいって思ってるけど昔の作品の女卑下してる描写は気持ち悪い
川端作品にある女が作った汚い料理ですが~みたいなセリフとか

 

64 : 2021/03/29(月)02:42:56 ID:dHlTsPSH0
当時は漢詩以外ゴミレベルだったわ
別に全部おもろいけどな

 

66 : 2021/03/29(月)02:43:11 ID:aVzwI6u10
分かり易い言葉で伝えれるのにわざわざ今見慣れない単語使うのって作者の保険的なとこあるよな
話がつまらなくてもなんか高尚にみられるし

 

67 : 2021/03/29(月)02:43:26 ID:j3q5B5Md0
海外でも純文学とそれ以外って定義はあるんか

 

スポンサーリンク
69 : 2021/03/29(月)02:43:41 ID:ToECvOUO0
明治とか戦前戦後の小説は絶対に面白いと思わなきゃアカンみたいなプレッシャーがあってまったく楽しめん

 

73 : 2021/03/29(月)02:44:19 ID:2b1cXqwo0
>>69
辛い環境で育ってそう

 

70 : 2021/03/29(月)02:43:42 ID:CoI0zQV20
ドストエフスキーは当時大衆作家みたいな扱いで下に見られてたんやっけ

 

77 : 2021/03/29(月)02:46:00 ID:xBHc7iHE0
>>70
ドストエフスキーはワイ個人の考えでは純文学にはならないかなぁと思う
あくまでテーマが先行していると思うんよね

 

94 : 2021/03/29(月)02:48:26 ID:lS35HAr50
>>77
なぁなぁやっぱり話が面白いと高尚とみなされないってところがまじで日本人のきもいところ出てると思うわ

 

75 : 2021/03/29(月)02:44:36 ID:R7s2T9WA0
文学以外に本という媒体で描くことに意味があるかなあって思えるならミステリー
ミステリーは文章の美しさに意味があるんじゃなくて
トリックやシナリオに重点を置いてるんだけど

 

80 : 2021/03/29(月)02:46:30 ID:rX7AEsMU0
>>75
そうやな
こればかりは読んでるやつしか分からんよな
いわゆる純文読んでるやつって別の趣味みたいなもんやから
小説って括りは広すぎるわ

 

76 : 2021/03/29(月)02:45:34 ID:vituzU2U0
当時全く売れてないのに現代になって評価されて国語の教科書とかに採用されてるような人とかおるんやろうか

 

78 : 2021/03/29(月)02:46:08 ID:W3Zy5uSb0
>>76
中島敦

 

79 : 2021/03/29(月)02:46:12 ID:GGeFOwNEr
「漢字とか使ってて凄い」みたいな理由で100年後の意識高い系はなろうとか読んでそう

 

90 : 2021/03/29(月)02:48:04 ID:rX7AEsMU0
>>79
これやんなぁ
古典で評価されてるのって雰囲気でみてるわけちゃうんや
文語が読めたらなぁ

 

81 : 2021/03/29(月)02:46:37 ID:3y33gUki0
小説は全部娯楽やろ?

 

92 : 2021/03/29(月)02:48:21 ID:xBHc7iHE0
>>81
そら間違いない
読者が何をもって「面白い」とするかの違いだと思う

 

96 : 2021/03/29(月)02:48:38 ID:GUyq+m2G0
我々はいわゆるフィクションでお客さんを楽しませるお仕事なんですよ
それに大げさな形容詞や持って回った言回しなんかを使う必要は全くないと思うんですけどねぇ
演劇の感動シーンで役者が先頭に立って「さぁここだぞ!」「泣けよ!」って大げさに演じれば演じるほど
見てる方が覚めてしまうみたいな、ね
文章から受ける印象…まぁ大層ご立派な文章ですね、とかそらぞらしいなぁ、とか
そんなもんばかりが頭に残って肝心のお話はさっぱり記憶に残らない
そん本ばかりが有難がられてもしょうがない

みたいなこと松本清張も言ってたし、色々あるんやろな昔から

 

97 : 2021/03/29(月)02:48:54 ID:4IwAaues0
純文学は娯楽ではないだろ

 

116 : 2021/03/29(月)02:53:32 ID:xBHc7iHE0
>>97
娯楽でしょ
言葉というフォーマットをどれだけ使いこなせるかっていうある種のスポーツみたいなものだとワイは捉えてるけど
鑑賞する側からすれば結局娯楽だよ

 

131 : 2021/03/29(月)02:55:43 ID:4IwAaues0
>>116
なんかお前文学を勘違いしてんな

 

98 : 2021/03/29(月)02:48:59 ID:RYcs1+x+0
純文学って明確なラインが無いから全部自分勝手に区別しとるだけやん
そんなワケわからん理由で上とか下とか言うのは馬鹿やろ

 

103 : 2021/03/29(月)02:51:03 ID:rX7AEsMU0
>>98
そもそも分野がちゃうのに
小説で一括りにされやすい
目的が違うし読めば分かるもんやで

 

100 : 2021/03/29(月)02:49:42 ID:WhWLGvqN0
高尚ですげぇ

 

101 : 2021/03/29(月)02:50:00 ID:lS35HAr50
純文学こそ小説だみたいな風潮にうんざりして反抗してた小説家なんて昔からたくさんいたやろ
ほんとに評論家的な思考やめた方がいいよ

 

102 : 2021/03/29(月)02:50:57 ID:4IwAaues0
まあでも日本の純文学って大半はただのサブカルとも言えるけど

 

引用元: 純文学も当時は娯楽小説だったんだヨ←これ

スポンサーリンク
SNS(気軽にどうぞ)
Twitterでフォローしてね

 

     あぼーん情報局@雑談
     

Facebookで「いいね!」してね

協力サイト
人気TOP30
【雑談】あぼーん情報局

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事
スポンサーリンク