スポンサーリンク
こちらもオススメ!



ベッキーの半ヌード広告に事務所は「ヌードではない!」、イメージアップ大作戦!


タレントのベッキーさんが10月9日に

『ワイドナショー』に出演されました。

ベッキーさんと言えばつい最近、トレードマークの

長い髪の毛をバッサリと切り、不倫騒動からの

イメージチェンジ戦略を行っていると言われています。

半ヌード広告もその一環だったようです。

またマスコミ各社にも厳しい報道規制を

かけているとも言われています。

ベッキー0711

ベッキーさん

      スポンサーリンク

サンミュージックからの要望

所属するサンミュージックはベッキーさんを

元のCM女王に戻せると考えているようで

テレビ番組やマスコミに強気で要望を出してくるようです。

ある情報番組のプロデューサーは

「ベッキーの所属事務所であるサンミュージックは

ベッキーの露出を増やそうと躍起になっています。

しかし汚れ仕事など何でもOKというわけではなく

かなり慎重に仕事を選んで、イメージ回復を狙っています。

先日の”半ヌード広告”に関しても、番組で取り上げる際

『ヌードなどといった表現は止めてくれ』

と要望が来ました。

そのため多くのマスコミは『大胆な広告』と

表現するに留めていました。」

と話していました。

落ち目だから脱いだのではない!

ある情報番組のプロデューサーは続けて

不倫騒動を起こし、落ち目になったから脱いだ!

というイメージを付けたくなかったんでしょう。

事務所は元の鞘に収まることができると考えているようですが

テレビのバラエティ番組に出演するくらいならまだしも

イメージが大切なCMへの復帰は絶望的だと思います。

しかし事務所としては宝島社の広告に出たことで

CM契約も絶対に取れる!

と意気込んでいるようです。

なので番組出演時も強気で要望を言ってくるんです。」

と話していました。

スポンサーリンク

露見したベッキーの腹黒さ

しかし、いくら事務所がイメージアップを図ろうと

ベッキーさんの腹黒さはすでに露見しています。

LINEでゲス川谷の元嫁を見下したり、

文春を「センテンススプリング」と言っていましたからね。

事務所はベッキーさんの”本性”を売りに押し出すことは

全く考えておらず、あくまで”優等生キャラ”で押し通す予定みたいです。

そのためベッキーさんの事を報じている記事に

使用される写真などはすべて細かくチェックしているそうです。

ある情報番組のプロデューサーは更に続けて

「最近では謝罪会見時の写真使用は一切NG(不倫を想像させるから)。

記者会見の写真は事務所から公式に提供された素材ではないので

ここを規制することは出来ないのですが、

マスコミ各社もヘタに揉め事を起こしたくはないので

なるべく使用しないようにしています。」

と話していました。

事務所としては不倫騒動を思い出させる写真は使われたくないのでしょう。

新聞などを見ても、ベッキーさんの写真は同じような写真が

繰り返し使用されているのを見れば、規制をかけているのが分かりますね。

冒頭の『ワイドナショー』の出演時もゲス川谷さんに対する

質問に答えていましたが、共演者も遠慮気味に質問していました。

テレビ局関係者の話では

あれは明らかに台本にある質問しかしていなかったですね。

自由な質問なんて、あのうるさい事務所が認めるはずがありません。」

と話していました。


スポンサーリンク
メルマガ登録
RSS_5



スポンサーリンク

フォローする