ドコモがiPhone SEの価格を発表!月々の支払いはいくら?6sとの比較は?


3月25日にドコモがiPhone SEの発売価格を発表しました。

simフリー版のiPhone SEは従来のiPhone6sよりも

4万円以上安くなっているため、ドコモでの販売価格も気になりますよね。

今回はドコモでiPhone SEを機種変で契約した際、

月々いくら必要なのかを計算してみますね。

iPhoneSE2

iPhone SE

      スポンサーリンク

ドコモのiPhone SEの販売価格

ドコモホームページによると販売価格は以下のようになっています。

端末価格

16GBモデル:5万7024円

64GBモデル:6万9984円

※これはアップルストアで購入した場合は同じ金額でした。

アップルストアでの価格は税別価格です。

月々サポート額(24か月分合計)

16GBモデル:4万6656円

64GBモデル:5万0544円

実質販売価格

16GBモデル:1万0368円

64GBモデル:1万9440円

docomo

月々の支払いはいくらになるの?

さて一番気になる月々の支払いはいくらになるのでしょうか?

現行のカケホーダイライト+データMパックとの組み合わせで計算しますね。

・16GBモデル

カケホーダイライトプラン:1700円

データMパック:5000円

SPモード:300円

機種分割代金:2376円

月々サポート:-1944円。

合計:7432円+税

・64GBモデル

カケホーダイライトプラン:1700円

データMパック:5000円

SPモード:300円

機種分割代金:2916円

月々サポート:-2106円。

合計:7810円+税

となります。

あくまで標準サービスでの価格なので、学割やずっとドコモ割りを

使用すると更に安くなりますね。

スポンサーリンク

iPhone6sとの比較

上記のカケホーダイライトプラン+データMパックの契約で

iPhone6sの64GBモデルを契約すると月々8620円掛かりますので

iPhoneSEにすると月々810円安くなります。

たったそれだけ?って気もしますが、2年契約と考えると

810円×24か月で1万9440円も変わってきます。

やはりオススメは格安sim

前回の記事でも書きましたけど、格安simがオススメですね。

子供に待たせるiPhoneは格安simで十分!3大キャリアと比較!2年間でいくら違う?

4K動画が撮影できるiPhoneSEで16GBモデルというのは

あまりにも容量が少ないので64GBモデルで話を進めていきますね。

iPhoneSEはiPhone6sに比べ2年で約2万円安くなります。

それぞれの2年合計金額は以下になります。

iPhone SE(64GB)の2年総額:18万7440円

iPhone6s (64GB)の2年総額:20万6880円

これを格安simのDMMモバイルの通話が出来るsim、

月々のデータ容量5GBと同じ条件で計算しますと

・端末代(アップルストアのsimフリー機):6万9984円

・DMMモバイルの月々の支払:1970円

よって2年の総額は

6万9984円+1970円×24カ月=11万7264円となります。

ドコモの総額に比べ2年間で約7万円も節約することが可能です。

DMMモバイル

とは言ってもイマイチ格安simには抵抗がある方も多いと思います。

通話は3大キャリアのガラケーで行い、ネットは格安simのスマホで行うのが

一番安上がりかもしれませんね。

ちなみに私はドコモのガラケー+DMMモバイルの1GBプランで

電話+キャリアメールを残しつつ、月々2000円以下の料金に抑えていますよ。

2台持ちも慣れれば何とも思いませんし、ガラケーは週1くらいしか

充電しないので、電池持ちも気になりません。


メルマガ登録
スポンサーリンク

フォローする