疲れがとれない原因は?9つのチェックにいくつ当てはまる?改善方法は?


どれだけ寝ても疲れがとれない・・・。

こんな方は多いのではないでしょうか?

ひょっとしたら日常的に行っているあなたの習慣の

せいで寝つきが悪いのかもしれませんよ。

以下に上げる9つの項目に当てはまる人はご注意して下さい。

またここを治せば、眠気から解放されるかもしれませんよ。

スッキリ

      スポンサーリンク

1:周りがもので溢れている

散らばった机

部屋が散らかっていると集中力が出ませんよね。

これが無駄にエネルギーを消費しているのです。

机周りやベッドの周りには必要最低限のものだけを置くように心がけて下さい。

2:太陽光を浴びていない

太陽光

人は午前中に太陽光を浴びて、メラトニンを生成することで

夜にぐっすり眠ることが出来るそうです。

また太陽光を浴びると活力が出て、バリバリ動けるようになりますので

夜もぐっすり眠れると言われています。

3:朝ごはんを食べない

朝ごはん

朝ごはんは1日の食事の中で最も重要と言われています。

しっかりとバランス良く朝ごはんを食べましょう。

栄養バランスを考えて野菜を多めに摂取すると

体にいいみたいですよ。

4:水分不足

水分

だるいと感じた時には一杯の冷水が効果的です。

食事も取らずに仕事を続けている方は特に注意が必要です。

現代人は知らず知らずのうちに水分不足になりがちです。

5:周りにネガティブな人がいる

ネガティブ

いくら気を付けていても周りに影響されることはあります。

常にネガティブで人の悪口や不平不満を言っている人が近くにいると

エネルギーを吸い取られてしまいますよね。

逆にポジティブな人からはエネルギーを貰えます。

スポンサーリンク

6:寝る前にスマホやタブレットを触る

寝る前スマホ

一般的に寝る前スマホやタブレットなどは睡眠の質を下げる言われています。

画面の光が強過ぎて、脳が昼間と勘違いして主交感神経に切り替わるらしいです。

そのため脳が昼間と勘違いして活発になり、寝不足を起こしてしまうのです。

とにかく寝る前は部屋を暗くしてリラックスするのが一番ですね。

7:過度な睡眠

睡眠

過度な睡眠は体の活発さを奪うと言われています。

休日だからと昼間で寝て、次の日会社で思うように体が動かないという

経験が皆さんにもあるのではないでしょうか?

これは体から活発さがなくなっているから起きる現象ですね。

8:運動不足

運動不足

デスクワードばかりで全然運動していない方も多いのではないでしょうか?

座りっぱなしは首や頭痛、腰痛の原因と言われています。

運動はホルモンバランスを整え、疲労を解消してくれます。

また気分転換にももってこいですね。

まずは1日20分の軽運動から。無理な方はストレッチなどから始めましょう。

9:病気の副作用

病気

アレルギーや花粉症、貧血なども疲労の原因になります。

少しでも悪化したと感じたら早めに病院に行くのが良いと思います。

このような病気を持っていると更年期障害、うつ病、不眠症に

かかりやすいと言われています。


スポンサーリンク
メルマガ登録

A feed could not be found at http://matome-sokuhou.net/. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

フォローする