スマホの正しい充電方法!バッテリー寿命を長持ちさせるコツは?


皆さん、スマホの充電を正しく行っていますか?

新品の頃に比べてバッテリーの減りが早いな、

そろそろ寿命かな?と思っている方も多いと思います。

そういう方は充電の仕方に問題があるのかもしれません。

今回は正しい充電の方法を書いていきますね。

経年劣化は避けることが出来ませんが、日々の積み重ねで

バッテリー寿命を延ばすことは可能ですよ。

XPERIA

      スポンサーリンク

バッテリーを使い切ってから充電はNG!

よくバッテリーがなくなったら充電をするという方がいますが

これはNGです。リチウム電池の構造上バッテリーに高い負荷がかかってしまいます。

必ずバッテリーがなくなる前に充電するようにしましょう。

充電器

充電したまま就寝はNG!

スマホを目覚まし替わりに使用している方は多いと思います。

充電しなから就寝すれば、目覚ましが電池切れでならないこともないし、

朝充電が100%になるので楽と思っている方がいると思いますが、

100%充電されてからも充電を続けていると

バッテリーに高負荷がかかってしまいますので

この行為もバッテリー寿命の低下を招いてしまいます。

100%充電されたならすぐに充電器から外した方がよいです。

就寝

夏場にケースをつけての充電はNG!

最近はおしゃれでかわいいスマホケースがたくさん発売されていますよね。

iPhoneケースなんていっぱいあり過ぎて迷うくらいです。

またスマホを落とした時に衝撃吸収のためにケースを付けている方も多いと思います。

しかし皆さんも経験があると思いますが、

スマホは充電しているとほんのり熱を持ってきます。

冬場ならまだしも夏の暑い時期に充電してスマホが熱くなると

ケースを付けている場合、うまく放熱できないことがあります。

そのため本体が異常に熱くなりバッテリーがダメージを負ってしまいます。

スマホケースを付けている方はせめて夏場だけでも

ケースから取り外して充電をしてくださいね。

夏の暑さ

スポンサーリンク

最終手段はバッテリーのリフレッシュ!

さて2,3年同じスマホを使っていますといよいよバッテリーが

待たなくなってきますよね。

「いきなり画面が消えた」とか「10%以上一気に減った」とか

皆さんにも経験があると思います。

そんな時は最終手段としてバッテリーのリフレッシュがオススメです。

バッテリーのリフレッシュと言っても方法は簡単です。

バッテリーをカラにして20~30分放置してフル充電を行うだけで

バッテリーのリフレッシュは完了です。バッテリー内に記録されていた

データがすべてリセットされ、バッテリーの持ちが良くなることがありますよ。

ま、逆に言いますとこれでダメならもうバッテリーの寿命が尽きていますので

機種変する時期と言うことになります。

オススメはモバイルバッテリー

とは言っても

「デスクワークじゃないし都合よく充電できない」

「営業で出先にいるので充電できない」

などいろんな事情で充電できない方も多いと思います。

そういう時はコンビニなどでも売っているモバイルバッテリーがオススメです。

乾電池さえあれば車の移動中でも、出先でも簡単に充電できます。

最近は小型のモバイルバッテリーも販売されていますので

鞄の中に1つ常備しておくのがいいと思いますよ。

20000mAhモバイルバッテリーのご購入はこちらをクリック

iPhone / iPad / Galaxy / Xperia / Nexus / PSvita / タブレット

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


Anker PowerCore 20100mAhのご購入はこちらをクリック

iPhone / android 対応

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


メルマガ登録
スポンサーリンク

フォローする