【邦画】映画 本能寺ホテルの解説と感想!綾瀬はるか主演!キャストは?


2017年1月に公開された

『本能寺ホテル』

今回は解説キャスト感想を書いていきますね。

テレビ番組やCMで放送されていますので

歴史好きの方は観たい!と思っているのでは

ないでしょうか。

「私、歴史を変えちゃった」のCMは

記憶に残りますよね。(*^^*)

      スポンサーリンク

『本能寺ホテル』の解説

綾瀬はるか、堤真一、鈴木雅之監督という

「プリンセス トヨトミ」のメインキャスト&スタッフが再結集し、

本能寺の変の前日にタイムスリップした

現代女性が織田信長の命を救うべく奔走する姿を描いた

オリジナルの歴史ミステリー。

勤務先の会社が倒産し、職を失った繭子は、

恋人の恭一からプロポーズされ、周囲の後押しを受けて婚約を決意。

恭一の両親の金婚式を祝うため京都を訪れるが、

手違いによって予約していたホテルに泊まることができず、

偶然たどり着いた路地裏の「本能寺ホテル」にチェックインする。

すると彼女は、いつの間にか奇妙な寺の中に迷い込んでおり、

そこは天下統一を目前にした名将・織田信長が滞在する

1582年の本能寺だということが判明する。

訳がわからないまま本能寺ホテルと安土桃山時代の本能寺を行き来し、

信長や信長に使える小姓・森蘭丸と交流を深めていく繭子だったが……。

綾瀬がヒロインの繭子役を、堤が信長役を演じるほか、

「ヒメアノ~ル」の濱田岳が蘭丸役で出演。

~Yahoo!Japan映画より引用~

『本能寺ホテル』のキャスト

綾瀬はるか(倉本繭子役)

主役で吉岡恭一の婚約者。

吉岡恭一の両親に結婚の挨拶で京都を訪れる。

ふいに入った本能寺ホテルのエレベーターに乗ると

戦国時代にタイムスリップしてしまい・・・。

堤真一(織田信長役)

1582年の織田信長。

天下統一を目の前にしている。

家臣からは冷酷非道で鬼のように思われている。

濱田岳(森蘭丸役)

織田信長の小姓。

戦国時代にタイムスリップした倉本繭子の第一発見者で

織田信長と繭子の間に挟まれ、奔走する。

平山浩行(吉岡恭一役)

倉本繭子の婚約者。

建設会社に勤務しており、京都に実家がある。

料理の腕は父親譲りでプロ級。

近藤正臣(吉岡征次郎役)

吉岡恭一の父。京都で料亭を経営している。

息子の婚約者・倉本繭子を気に入っている。

風間杜夫(本能寺ホテル支配人)

本能寺ホテルの支配人。

忙しいホテル業務に追われている。

ホテルの支配人が天職だと思っている。

スポンサーリンク

『本能寺ホテル』の感想

全部見終わった感想としては

「こんなものか・・・」

って感じです。

特に期待していたわけではないですが

もう少しストーリーを掘り下げて欲しかったです。

歴史が好きな人が見ると少し物足りないと思います。

本能寺の変の首謀者が誰だったのかとか

信長が生き延びていたらどうなっていたかなど

そういうストーリーを期待していましたが

そういうのはないです。笑

主演の綾瀬はるかも”いつもの”綾瀬はるか

天真爛漫、少し天然があり

その雰囲気に周りが和んでいく、

といった予想通りの展開です。

ところどころに笑いどころがあったのも

最近の日本映画の主流ですね。

あまり期待し過ぎて観に行くと

肩透かしを食らうと思います。

綾瀬はるかファンの方には

綾瀬はるかの魅力が存分に詰まっていますので

十分観る価値はあると思いますが。

『本能寺ホテル』のオススメ度

ストーリーに目新しさがなかった、

いつもの綾瀬はるかの演技

などを考慮して

オススメ度は60%

ですね。