キラキラネームで後悔?就職で不利?有利?


近年、急速に増えているアテ字を使った

いわゆるキラキラネーム。

子供は名前を選べませんので後悔してもしょうがないですが

キラキラネームによって損する場合もあれば

得する場合もあるようです。

では就職する場合は有利なのでしょうか?

それとも不利なのでしょうか?

キラキラネーム

キラキラネームの一例

      スポンサーリンク

キラキラネームとは?

キラキラネームとは一見すると読むことが出来ない、

アニメのキャラクターの名前、外人で用いられるような名前を

無理やりアテ字にして子供に名前を付けることを言います。

ネットの政界ではDQNネーム(ドキュンネーム)と言われる事もあります。

一般的には90年代に育児雑誌で特集された記事が始まりと言われています。

もう20年近く経つんですね。

20歳と言えば就活を経験している方も多いと思いますが

キラキラネームは就活において有利なのでしょうか?不利なのでしょうか?

就職活動におけるキラキラネーム

さてそんなキラキラネームですが、就活する上では

有利なのでしょうか?不利なのでしょうか?

ある採用コンサルタントの話によりますと

大手企業は学歴を重視するため名前はあまり気にしていないようです。

あくまで見るのはどこの大学を出ているかの学歴と

面接におけるコミュニケーション能力で

名前を気にする大手企業は少ないようです。

ですが中小企業になると話は変わってきます。

大手企業に比べ、採用人数も少ないため名前まで

キッチリ確認する企業が多いようです。

とある中小企業の採用担当者によれば

合格不合格の当確ライン上に何名か残った時には

キラキラネームの方を落としたという事例もあるようです。

中小企業としてはリスクを避けた格好になるわけですね。

全部の企業が上記のような対応をしているわけではありませんが

このような事例も少なくないと思われます。

スポンサーリンク

キラキラネームを付けるのはどんな親?

これも一般的に言われていることなのですが、

中、上流階級の人ほどキラキラネームを付ける傾向にあるようです。

個人的な見解としては???でした。

今までキラキラネームを付けるのは、大人になりきれていない

親がペット感覚で子供に名前を付けているのが

キラキラネームだと思っていましたが、どうやら違うようです。

中、上流階級の人は子供の頃から受験戦争、就職戦争、出世競争を

経験してきています。

そんな中、いかに自分をアピールできるか、

人と違うことをアピールできるかを常に考えて生きてきています。

そうした他の人と違う個性を子供にも要求して

キラキラネームを付ける傾向にあるようです。

ちょっと以外でしたね。

キラキラネームは不利ばかりじゃない?

キラキラネームを持つAさんは以下のように話しています。

「キラキラネームのおかげで誰からも名前を覚えてもらえます。

名前を覚えてもらえるという事は記憶に残るということですから

就活も有利に進められたし、就職後名刺を渡したらすぐに覚えてもらえます。」

確かにそうですね。特に営業職なんてお客さんに顔を覚えてもらえるかで

成績が大きく変わってきますのでキラキラネームは有利かもしれません。


メルマガ登録
スポンサーリンク

フォローする