ゲス川谷にも制裁!?CMソングの起用がNGに!


ベッキーとの不倫で大騒動になった

「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(かわたにえのん)。

世間一般の意見として制裁を受けているのはベッキーのみと

いう見方が強いですが、とうとうゲス川谷も

制裁を受ける時が来た模様です。

みんなが納得していなかった不平等感が

ようやく解消されるのでしょうか?

二人が不倫に至るまでの経緯はこちらをご覧ください。

ベッキーが不倫に至るまでの経緯まとめ

ゲス川谷

ゲスの極み乙女。の川谷絵音

      スポンサーリンク

ベッキーが受けた制裁

まずは不倫発覚後にベッキー側が受けた制裁の一覧をご覧ください。

・CMがすべて消滅

・テレビのレギュラー番組がすべて消滅

・ラジオのレギュラー番組がすべて消滅

・スポンサーへの違約金約4億(推定)

・1月30日より休業

とほぼすべてのマスメディアから姿を消しており、

事実上引退との声も聞かれています。

自分で蒔いた種とはいえ、ホントにすべての仕事を失ってしまいました。

ゲス川谷は絶好調?

一方のゲス川谷は今回の不倫スキャンダルで有名になった感が

否めないですね。私も知りませんでした( ゚Д゚)

歌はCMで聞いたことがあるかな?と思う程度で

バンド名も川谷という名前も知りませんでした。

今回の騒動で一気に有名になったゲス川谷。

不倫後に発売されたアルバム「両成敗」はオリコン1位を始め

武道館ライブではチケットの追加販売、YouTubeの再生回数では

ヒット曲「私以外私じゃないの」が4600万回に届く勢いです。

一方はほぼ社会的に抹消され、一方は有名になり絶好調、

これでは社会が納得いきませんよね?

スポンサーリンク

ゲス川谷にもついに制裁か!?

そんな絶好調のゲス川谷を快く思っていない方も多いのではないでしょうか?

安心してください!天罰が下りますよ!(笑)

今テレビなどの業界関係者の中では「ゲスの極み乙女。」の音楽を

CMやテレビドラマの主題歌に使うことがNGとして扱われているようです。

前出の「私以外私じゃないの」は清涼飲料水のCMに起用されて

ゲスを有名にした曲ですが、CM効果か飲料水の売り上げは伸びていたようです。

そこで次期CMにもゲスを用いようという話があり、契約直前まで

いったのですが、結果契約には至らず、騒動が発覚。

清涼飲料水のメーカーは契約をしなかったことにホッと

胸を撫で下ろしているそうです。

問題が起きれば、右へ習えで対応するテレビ業界。

今後もゲスの極み乙女。の曲を用いるCMやドラマ主題歌は

出てこないかもしれませんね。

CMやテレビで曲が流れないとなると当然曲も流行らないし売れません。

一部のファンが買うだけでは当然売れ上げなんて微々たるものです。

芸能界は厳しい世界ですので、一度ケチのついたタレントや

バンドにもう一度チャンスを与えるとは思えませんね。

彼らの変わりはいくらでもいるのですから。

今後、どのようになっていくのか、ちょっと楽しみですね(笑)


メルマガ登録
スポンサーリンク

フォローする