映画『タイタニック』で主人公レオナルド・ディカプリオの恋敵役のビリー・ゼイン、現在でも悪人扱いされる!


1997年に大ヒットした映画『タイタニック』で

レオナルド・ディカプリオ演じる主人公ジャックの

恋敵、ホックリー役を演じたビリー・ゼインさん

金持ちで傲慢な役を見事に演じきったビリー・ゼインさんですが

世の中の『タイタニック』ファンからは

今も嫌われているそうです。

ビリー・ゼイン2

『タイタニック』でのビリー・ゼインさん

      スポンサーリンク

演技が完璧すぎたために今でも悪役のイメージ

映画『タイタニック』ではケイト・ウィンスレット演ずるローズの

婚約者として出演したビリー・ゼインさんですが

しかしその横柄な演技があまりにも完璧だったため

19年経過した現在でも「キャルドン・ホックリー=ビリー・ゼイン」

というイメージが払しょくできず、

いまだに「なんて酷い男だ」と言われているようです。

ビリーさんの発言

しかし当のビリーさんはインタビューで

以下のように答えています。

「世間のイメージは2つに分かれているんだ。

『ホックリー(ゼイン)は何でジャック(ディカプリオ)に

あんな酷いことばかりするんだ。』という若い女性たちの意見。

しかし、歳を重ねていくうちに

『ローズ(ケイト)は何を考えていたのかしら』っていう

考え方に変わっていくんだ。」

スポンサーリンク

『タイタニック』ファンの心境

大富豪の婚約者がいながら、全く無名で貧乏な画家との

恋に走ったローズ。

2人の熱い恋と最後の悲劇的な結末に感動し、涙した

ファンも多いですが、ファンも年齢を重ねていくうちに

現実を見るようになっていきました。

「なんて極端な選択を・・・」

「婚約者がいるのに・・・」

「財宝だけはしっかり貰ってる」

といった疑問を持つようになるそうです。

ビリー・ゼインさんの現在

最近のビリー・ゼインさんの写真がこちらです。

ビリー・ゼイン3

かなり年を取り、髪の毛も寂しくなっていますが

面影は十分残っていますね。(^^;

そんなビリーさんですが「悪役を演じることは楽しいよ」と

コメントしています。

映画『タイタニック』をきっかけに世界的大スターに

登りつめたレオナルド・ディカプリオさんの

電話番号は今でも大事に保管しているそうです。