【邦画】座頭市の感想!ネタバレ注意!オススメ度は?ビートたけし


こんにちは、さときっちんです。

今回は2003年に公開された

北野武監督作品「座頭市」の感想

書いていきたいと思います。

北野監督作品の中でも

個人的には1,2位を争うほどの

お気に入り作品ですので、

当然DVDも持っています。

座頭市

      スポンサーリンク

「座頭市」の解説

その日、訳ありの三組が同じ宿場町にやってきた。

一人は金髪で朱塗りの杖を持ち、盲目の居合いの達人・座頭市。

もう一組は浪人の服部源之助とその妻おしの。

殿様の師範代という身分を捨てた服部は、

病気を患う妻のために用心棒の職を探していた。

さらにもう一組、旅芸者のおきぬとおせいの姉妹。

彼女たちの三味線には人を殺めるための仕掛けが施されていた。

それぞれに影を秘めた三者の皮肉な運命の糸は、

町を仕切るヤクザの親分・銀蔵と大店の主人・扇屋を

介してついに交錯、やがて因縁や怨恨の入り交じる

壮絶な闘いが幕を開ける。

~Yahoo!Japan!映画より引用~

「座頭市」のキャスト

ビートたけし(市)

ビートたけし

映画の主人公。目が見えないが居合の達人。

ある宿場町に流れ着いき、そこでお世話になった住民が

町を仕切るヤクザの親分に虐げられているのを聞いて

敵討ちに手を貸す。

浅野忠信(浪人、服部源之助)

浅野忠信

ヤクザの親分が雇った用心棒。凄腕の浪人。

元は殿様の剣術師範代。

師範代時代にやられた浪人を探して敵討ちの旅をしていた。

ガダルカナル・タカ(おうめの甥、新吉)

ガダルカナル・タカ

市を世話したおうめの甥。宿場町の遊び人。

賭場に出入りしてまともに働いたことがない。

市と一緒にヤクザの銀蔵一家を倒そうとする。

岸部一徳(銀蔵一家親分、宗家の銀蔵)

岸部一徳

ある宿場町を仕切っているヤクザの親分。元盗賊。

映画の中では悪者だが、茶目っ気のあるシーンもある。

服部を用心棒に雇い、市を殺そうとしている。

石倉三郎(扇屋)

石倉三郎

商家である扇谷の主人。元盗賊で銀蔵の仲間。

表向きは商人なので人当たりはいいが、

裏ではヤクザの銀蔵一家とつながっている。

銀蔵に頼んでライバル商人を暗殺などしている。

柄本明(的屋の主人)

柄本明

流行っていない酒屋・的屋の主人。

ここの酒屋では重要な人物同志のやり取りが行われる。

他の客にはいつもバカにされている。

樋浦勉(的屋の老人)

樋浦勉

的屋で雇われている老人。

いつも的屋の主人にコキ使われている。

スポンサーリンク

「座頭市」の感想

全体的にスピーディーに話が進み、

アクションもハラハラドキドキ、

ストーリーも単純で分かりやすくなっており

非常に面白い映画です。

座頭市の原作を知らない方でも十分楽しめると思います。

踊りと音楽がマッチしている場面も多く、

よく考えられているな、と思います。

最後のタップダンスは、なぜこの時代に???と

思いましたが(^^;

あと、さすがに13年前の映画ですので

ちょっとCGが粗いですね。

ま、これはしょうがないです。

粗めのCGでも十分楽しめる作品です。

ネタバレ注意!ここからはご注意ください!

最初に見た時は大ボスがいるとは思いましたが

まさか的屋の主人と老人が一味のお頭とは思いませんでした。

普通の映画はある程度「あ、この人、怪しい」など

感じるのですが、この映画は全く見抜けませんでした。

まさに大どんでん返しと言った感じです。

扇谷、銀蔵一家、服部(用心棒)が

市に殺された段階で映画は終わりだな、と思ってしまいました。

「座頭市」のオススメ度は?

高評価の座頭市ですが、一点だけ気に入らない点があります。

これは日本映画全般に言えることですが、

セリフが非常に聞き取りにくいシーンが何か所もあります。

特に静かに会話するシーンなど、

字幕付きで見ますと大丈夫なのですが、

無しだとなんて言ってるのか分かりません(^^;

耳が悪いのでしょうか?

ということで

「座頭市」のオススメ度は80%です。

年に1度は見返しているほどお気に入りの映画です。