アイコスの対抗馬プルームテックの感想は?アイコスとどう違う?コスパはどのくらい?


アイコス人気が止まりませんね。

どこに行っても売り切れ状態です。

そんな大人気のアイコスの対抗馬となる

最有力はプルームテックと言われていますね。

今回はアイコスとプルームテックの比較について

まとめていきますので、どちらにするか迷っている方は

是非参考にしてみて下さい。

また私が行っている方法でプルームテックの

ランニングコストなどもまとめていきますよ。

      スポンサーリンク

プルームテックとは?

プルームテックとはJT(日本たばこ産業)が発売している

純日本製の新しいタバコになります。

ちなみにアイコスはフィリップモリス社の外国製です。

愛国心の強い私は日本産に拘っています。笑

単に田舎で手に入らないとも言いますけど。。。

アイコスは今や全国展開されており、

コンビニでも運が良ければ買うことができますよね。

しかしプルームテックは2017年4月現在、

福岡市だけで限定発売されており、

6月からは東京でも発売される予定なだけで

全国展開はいつになるか分かりません。

また以前はJTのHPでも買えたようですが、

現在、1年以上販売中止が続いているため

あまり期待しない方がいいでしょう。

プルームテックのカプセル

プルームテックのカプセルの種類は

・MEVIUS Cooler Purple(パープル)

・MEVIUS Cooler Green(グリーン)

・MEVIUS Regular(レギュラー)

の3種類が発売されています。

紫がパープル、緑がグリーン、茶色がレギュラーになります。

プルームテックのタバコ内容物は

5つのカプセルと1つのカートリッジで販売されています。

カプセル5つとカートリッジ1つ

カートリッジをプルームテック本体(バッテリー)に接続し

カプセルを取り付けて吸うという具合です。

左からプルームテック(本体)、カートリッジ、カプセル

JTの公式発表では1つのカプセルで50パフ吸えるとなってます。

50パフとは要は50回吸えるという事で

普通の紙タバコ1本が10~15回吸えるので

1つのカプセルが紙タバコ3~5本分という事になります。

吸う回数は人により違うのでその辺は自分に合わせてみて下さい。

プルームテックの吸った感じ

プルームテックは口で吸うと自動で通電する仕様なので

特にボタンとか煩わしいものはついていません。

吸いたい時に吸いたいだけ吸うだけです。

吸った感じはこんな感じです。

先端が光り、何となく吸ってる感じがします。

吐き出す煙はこんな感じ。

紙タバコより若干煙は少ないかな?と思いますが

十分吸っている気分にはなれます。

紙タバコ、アイコスとの比較

前述の通り、私はアイコスを持っていませんが

吸ったことは何度かあります。

なので比較的正確な比較になると思います。

①タバコ感

一番重要な”タバコを吸った感じ”ですが、

これはタバコを10とすれば

・アイコス:7~8

・プルームテック:3~5

とアイコスの方に断然吸った感じは強いです。

それは当然で、アイコスの方がタバコに近い構造だからです。

知っての通り、紙タバコはタバコに火をつけて吸います。

タバコの葉を直接燃やして、出た煙を吸っています

アイコスはタバコの葉を燃やしてはいませんが

熱棒を葉に刺して、タバコの葉を温めます(蒸す感じ?)

蒸して出たタバコを吸っています。

プルームテックはバッテリーでカートリッジ内の

リキッドを温め、発生した水蒸気をカプセルに通し

カプセル内でニコチン、風味をつけて吸い込みます。

直接タバコの葉を熱しないのでどうしても

タバコ感は弱くなってしまいます。

ただ、最初は吸った感じがしないな・・・と

感じていても、慣れてくると

ニコチンをしっかり感じることができます。

逆に紙タバコを吸うと頭がクラクラして

口の中がねちゃねちゃした感じになります。

②臭い

分煙が叫ばれて久しいですが、

最近は愛煙者にますます厳しい状況になってきていますね。

その最大の原因はタバコの葉を燃やした際に出る煙。

俗にいう”副流煙”というやつで、

有害物質が大量に入っています。

タバコの臭いを10とした時の臭いレベルは

・アイコス:6~7

・プルームテック:0

ここがプルームテック最大の特徴で、

全く臭いがないんです。

葉を燃やしてないため、副流煙も0です。

JTの公式発表によれば

紙タバコの臭い数値が9800に対して

プルームテックは13~19!

実に1/500程度の臭いしかありません。

もちろん人間に感知できるレベルの臭いはありません。

事実、私もプルームテックに変えてから

「タバコ臭い!」と言われたことはありません。

そもそも私がプルームテックに変えた理由が

飲み会の席で何人かの女性に

「タバコ臭いから吸うの止めて」と言われたからです。

うん、動機不純ですね(^^;

スポンサーリンク

③コストパフォーマンス

紙タバコの主要銘柄の値段は2017年4月の時点で

大体460円ですね。

アイコスも1箱460円です。

右に習えでプルームテックも460円です。

ん?安くないぞ!と思われた方も多いと思いますが

実はそうではないんです。

プルームテックの1カプセル50パフと

先ほど書きましたが、

実際は80~100パフくらいまで吸えます。

(多少味は落ちますが吸うのに問題はありません)

ここで方式の月々のランニングコスト考えます。

条件は1日1箱20本で1本10回吸うとした場合です。

・紙タバコとアイコス

20本×10パフ=200パフ(1日)

460円×30日=1万3800円

となります。

アイコスにはこれに初期費用が定価で約1万円掛かります。

・プルームテック

◎1カプセル100パフの場合

2カプセル×100パフ=200パフ

よって1箱で2.5日持ちます

30日÷2.5日=12箱

12箱×460=5520円

◎1カプセル80パフの場合

2.5カプセル×80パフ=200パフ

よって1箱で2日持ちます

30日÷2日=15箱

12箱×460=6900円

結論としては

1カプセル100パフで

1万3800円ー5520円=8280円

1カプセル80パフで

1万3800円ー6900円=6900円

もタバコ代だけで節約できる計算になります。

これは小遣いの少ないお父さんには

かなり魅力的なのではないでしょうか。

プルームテックの問題点

吸い心地も悪くなく、コストパフォーマンスも

抜群のプルームテックですが、問題が3点あります。

・1つ目の問題

プルームテック本体(バッテリー)が手に入らないこと。

私も博多市民ではないので本物は買えませんでした。

しかしこれはそれほど問題ではありません。

なぜなら代用品が多く出回っているからです。

もともとプルームテックの正規品は4000円と安く

その代用品とかはアマゾン、楽天などで

簡単に買うことが可能です。

それを紹介しておきますね。

Raijin 電子タバコ

私がメインで使っているメーカーのものです。

カートリッジとの接続も全く問題なく

バッテリー容量も正規品の倍くらいあります。

しかも値段は半分程度と文句のない商品ですね。

惜しいのはカートリッジのマット感と

バッテリーのツルツル感にちょっと違和感があるくらいです。

他にもいろいろありますので、

オススメバッテリーが気に入らなければ

他のバッテリーも探してみて下さいね。

・2つ目の問題

プルームテックのカプセルが

JTオンラインショップからしか買えないこと。

これも大した問題ではなく、

JTのHPでメンバー登録すればすぐに購入可能です。

最初の登録にちょっと時間がかかりますが

そこさえクリアすれば、あとは毎回ログインして

購入するだけになります。

ただし、送料がかかりますので

なるべくまとめて購入された方が

1個当たりの送料が安くなります。

最後、3つ目の問題ですが

説明と解決策をまとめるとボリュームが増えるため

別記事にまとめますね。


スポンサーリンク
メルマガ登録

A feed could not be found at http://matome-sokuhou.net/. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

フォローする