星野源ですら報道規制?フジテレビが月9ドラマ復活に躍起!空回りしてる?


3月10日に開催されたアニメ映画

『夜は短し恋せよ乙女』の記者会見で、

昨年大ブレイクした星野源が登場しました。

しかしスポーツ一面で報じられなかったことが

話題になっているようです。

フジテレビ月9ドラマ成功のため、

仕組んだと言われているようです。

      スポンサーリンク

『コード・ブルー』の第3弾が一面!

記者会見の次の日、

スポーツ各紙が一面で報道したのが

7月放送のドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』

(フジテレビ)の新シリーズ放送決定のニュースでした。

元々人気があるシリーズの7年ぶりの新作という事で

多くの注目を集めていたようです。

また出演者も山下智久、新垣結衣など前作と変わらず、

そちらも注目されていました。

ジャニーズが圧力をかけたわけではない

星野源ではなく山下智久のニュースが

一面を飾ったため、世間では

「またジャニーズが各メディアに圧力をかけたのでは?」

と疑われていました。

しかし週刊誌の報道によると、

映画『夜は短し恋せよ乙女』の完成披露試写会の場で、

映画会社から

「スポーツ紙では報道しないで欲しい」

と依頼があったようです。

このアニメ映画にはフジテレビも出資しており、

スポーツ紙では

『コード・ブルー』を大々的に扱って欲しい

という要請がフジテレビからあったと伝えていました。

フジテレビとしては、ひとつの映画の宣伝よりも

とにかく月9の宣伝を徹底的に行って欲しい、

という構えの表れだと思います。

フジテレビは月9ドラマ復活に必死

ある芸能関係者の話では

「現在、フジテレビは月9のドラマの

立て直しに必死になっています。

4月にスタートする嵐・相葉雅紀主演の『貴族探偵』、

7月からは『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』と

ジャニーズタレントを主演に起用して

猛プッシュをかけてきています。

一方で星野も昨年の『逃げ恥』(TBS)で大ブレイクし、

今勢いのある俳優です。

フジテレビとしては、

月9の話題を星野に取られることを避けたかったのでしょう。」

と話していました。

スポンサーリンク

フジテレビの苦戦は今後も続く

歌手・俳優として

”ポスト・福山雅治”

と噂されている星野源。

その星野を差し置いてまで、

月9のドラマを猛プッシュしているフジテレビですが、

それが成功だったかと言えばそうでもないかもしれません。

一部の芸能関係者は

「フジテレビは自分で自分の首を絞めている」

と言われているようです。

先ほどの芸能記者は続けて

「フジテレビはドラマ業界と音楽業界の

両方からダメージを受ける可能性があります。

ドラマや音楽業界で活躍し、

結果を出している星野でさえ、

そのような扱いを受けるのではあれば、

他の事務所も警戒するでしょう。

となると、今後フジテレビのドラマや音楽番組に

出演NGを出す事務所が増えてくるかもしれません。

その結果、ますますキャスティングが

難航すると予想されています。」

と話していました。

フジテレビはドラマのキャストでも苦戦中

ここ最近、フジテレビの月9は

事務所や役者から出演NGが増え、

出演者を揃えるだけでも一苦労している

と言われています。

同様の問題が今後音楽番組でも

起きる可能性があるようです。

出演者が減れば、フジテレビのジャニーズ依存は

ますます高まり、ジャニーズファンはいいのですが、

事務所のゴリ押しを良く思っていない方も多いので、

ますます視聴者が離れていきそうです。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

ぜひ他の記事も読んでみて下さいね。