新垣結衣にメンタルの不安?能年や清水富美加も揉めた事務所!オーバーワーク?


主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)

が話題を呼び、さらに注目度が上がっている

女優・新垣結衣。

現在は映画の撮影に忙しく、

その次には7月から始まるのドラマの撮影が

入っているようで、多忙を極めています

そんな中心配されているのが

新垣結衣の”メンタル面の弱さ”と言われています。

      スポンサーリンク

所属事務所はトラブル多数

ある芸能記者の話によると

「新垣の事務所はレプロエンタテインメントで、

女優ののん(能年玲奈)の独立改名問題や、

清水富美加の出家衝動で給料が安いと

噂になったばかりです。

所属する有名タレントが次々と独立、引退していく中、

事務所としては稼ぎ頭の新垣に働いてもらうしかない状態で、

仕事の詰め込み過ぎが不安視されています。」

と話していました。

これまでのレプロの問題

所属タレントと何かと問題が起きている

レプロエンタテインメント。

清水富美加の出家騒動の際、清水は

「数年前まで月給5万」

「交通費も出なかった」

「睡眠時間は3時間」

などとレプロのブラックな労働環境を暴露していました。

清水富美加

レプロ側は「事実ではない」と反論しましたが、

真偽のほどは不明です。

しかし女優・のんが独立した際にも、

待遇面に不満があったと言う報道があり、

レプロでは働き辛い環境があったことは

容易に想像できますね。

のん

スポンサーリンク

レプロの情報戦略

そんなレプロの得意な戦略が、

事務所に都合のいい記事を書いてくれる

マスコミを使ったメディア戦略だと言われています。

『週刊文春』の記事によればNHKのドラマ

『絆~走れ奇跡の子馬~』の収録現場で見せた

新垣結衣の様子を報道していました。

共演者らと仲良くはしご酒を楽しみ、

馬とふれあい親しみ、収録が終わると

馬に会えない寂しさから「馬ロス」になるほど

充実した現場だったと伝えています。

つまりは所属タレントは非常に充実した

現場で働いており、満足しています

ってことをアピールしたんですね。

あるテレビ局社員によると

「新垣は疲れが溜まるとメンタルに

不調がきやすいタイプ。

仕事が順調だとしても、

現在は明らかに仕事を詰め込まれすぎで、

オーバーワークしています。

いつ体調を崩すか、周囲はハラハラしているようです。」

と話していました。

最近よく問題を起こす事務所と、

休む間もなく仕事を入れられている新垣結衣。

体調面を崩さなければいいのですが・・・。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ぜひ他の記事もご覧になって下さいね。


スポンサーリンク
メルマガ登録

A feed could not be found at http://matome-sokuhou.net/. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

フォローする