嵐・二宮和也が雑誌の連載でSMAP解散や嵐の今後について言及!「解散は不幸じゃない」


ある女性週刊誌で嵐の二宮和也

SMAP解散や嵐の今後について

思いを綴っていました。

その中でSMAP解散前に起こった

”存続を呼びかける署名運動”や

「世界に一つだけの花」の購買運動などについて、

疑問に思うと持論を展開していました。

      スポンサーリンク

二宮が雑誌連載で本音を

二宮はこの女性週刊誌で連載を持っており、

今回は100回の記念スペシャルでした。

過去にもこの連載で恋愛や結婚観、

嵐のグループ活動に至るまで

幅広いジャンルについて書いています。

現状についても

「嵐はこの8年間で想像以上の人に知られ

影響力も大きくなった。

何気なく話した言葉も誤解を生んだり、

重く受け止められたりする。

時代の変化もあるよね」

と自分の発言には細心の注意を

払っていることを話していました。

SMAP解散について

またSMAPの解散については

「残念なことに人の不幸が喜ばれるムードがある。

例えば昨年SMAPさんが解散することになった時、

悲しむ人や嘆く人がたくさんおり、

その気持ちも理解することができる。

でも、一概に解散が不幸だと、

悪い事のように言われ続けるのは

嫌だなと思っていた。

と持論を展開していました。

そう考える理由について

「というのも、25年以上もエンターテインメントを

引っ張ってきた偉大なグループの最後を

どうしてそんな風な表現だけで言うんだろう。

大きな存在だったからこそ、

いろんな人たちがいろんな感情を抱いた。

大好きだからこそ終わることを認めたくないとか

悲しみにくれている人もいると思う。

それでも、まずはSMAPさんが残してきた

素晴らしい作品に敬意を払って、

送り出すことも必要かなって」

と述べていました。

スポンサーリンク

嵐の今後について

また嵐の今後については

「解散したいと思ったことはないけど、

嵐だっていつかは必ず終わりが来ることは

わかっていてほしい。

この連載だってそうでしょ?

100回記念でお祝いしてるけど

いつ終わりになるかわからない。

未来のことは誰にも分からないんだよ」

と述べていました。

そして最後に
「でもいつか終わった時、それまでの時間や活動について

”ありがとう”

と思いたいし、みんなにもそう思ってもらえればと思っている。」

と本音を話していました。

SMAPが解散してしまい、

国民的グループに駆け上がった嵐。

まだまだ解散や終わりはなさそうですが、

いつかは嵐も解散を迎えます。

それまでにメンバーが納得するような

活動を続けて欲しいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ぜひ他の記事も読んでみてくださいね。


スポンサーリンク
メルマガ登録

A feed could not be found at http://matome-sokuhou.net/. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

フォローする