清水富美加の出家騒動でジャニーズ事務所が激怒!『家政婦のミタゾノ』の続編が困難に!


宗教団体「幸福の科学」に出家すると発表し、

世間を騒がせている清水富美加

ワイドショーでは毎日のようにお蔵入りやら

撮り直しと報道されています。

今回の騒動で所属事務所である

レプロエンタテインメントだけでなく、

ジャニーズ事務所にも大きな影響を与えているようです。

      スポンサーリンク

清水富美加はジャニーズのお気に入りだった

ジャニーズに詳しいライターによると

「清水はジャニーズのタレントとの共演が多く、

ジャニーズお気に入り女優でした。

2014年にはA.B.C-Zの5人が出演した

ドラマのヒロイン役を演じていますし、

2015年にもHey!Say!JUMPの山田涼介主演の

ドラマに出演していました。

2016年には嵐の大野智主演の『世界一難しい恋』の

メインキャストを務め、

TOKIOの松岡昌宏が主演した『家政婦のミタゾノ』では

2番手の役で出ていました。

いずれのドラマでの清水の演技は高い評価を得ており、

このまま順風満帆な女優生活を送ると思われていました。

将来的にも関ジャニ∞の丸山隆平が主演する映画『泥棒役者』に

出演していましたが、今回の騒動で降板してしまい、

代役を立てて撮り直しが行われています。」

と話していました。

スポンサーリンク

『家政婦のミタゾノ』問題

このようにジャニーズと数多くの共演を果たしていましたが、

今回の騒動でこの関係にも亀裂が入るのは

間違いないと言われているようです。

先ほどのライターは続けて

『家政婦のミタゾノ』は5月にDVDが発売され、

続編が希望されているほどの大人気ドラマでした。

ドラマの見どころは松岡と清水のやり取りだっただけに、

簡単に代役を立てる、という訳にはいかないでしょう。

それだけに今回の出家騒動でジャニーズ事務所が

激怒しているのは確実で、

半年後に清水が芸能界に復帰しようとしても

レプロ以上にジャニーズが難色を示す可能性があります。」

と話していました。

最近のジャニーズはSMAPの解散、嵐出演番組の低視聴率、

木村拓哉の好感度急落、それに伴うジャニーズ事務所のイメージ急落と

災難が続いていますね。

そこへきて好調な売れ行きが予想されているドラマのDVDが発売できない、

続編が制作できないとなればまさに泣きっ面に蜂状態ですね。