【洋画】インデペンデンス・デイ:リサージェンスの感想!ネタバレ注意!出演者は?


こんにちは、さときっちんです。

今回は20年ぶりに続編が作成された

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の

感想をまとめていきたいと思います。

ネタバレありますので、ご覧になる予定の方は

ご注意下さいね。

また出演者などについてもまとめていきます。

ちなみに映画館で見たのは3Dの方です。

どうせなら迫力ある方で観たいですからね。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス

Youtubeの予告動画も載せておきますね。

      スポンサーリンク

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の解説

地球に攻めてきた侵略者と人類の激突を描いた

SF大作『インデペンデンス・デイ』の続編。

前作での闘いから20年後を舞台に、地球防衛システムを完備した

人類が再び侵略者と対峙(たいじ)する。

『ホワイトハウス・ダウン』などのローランド・エメリッヒ監督、

『ロスト・ハイウェイ』などのビル・プルマン、

『ディープ・カバー』などのジェフ・ゴールドブラムと

第1作のメンバーが再結集。

新たに『ハンガー・ゲーム』シリーズなどの

リアム・ヘムズワースらが加わる。

壮大な物語と圧倒的な映像技術に息をのむ。

~Yahoo!Japan!映画より引用~

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』のあらすじ

エイリアンによる地球侵略に人類が立ち向かい、

およそ30億人もの命を失いながらも勝利を収めてから約20年が経過した。

人類はさらなる襲来に備えようと、エイリアンが残した

宇宙船の技術を転用した地球防衛システムを作り上げる。

2016年7月、そんな人類を試すようにアメリカ全土を

覆うほどの大きさを誇るエイリアンの宇宙船が出現。

彼らは重力を自在に操る圧倒的な科学力で、

ニューヨーク、ロンドン、パリといった都市を次々と襲撃する。

猛攻撃は止むことなく続き、人類存続の要であった

防衛システムも無力化してしまう。

~Yahoo!Japan!映画より引用~

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の出演者

リアム・ヘムズワース(ジェイク・モリソン中尉役)

リアム・ヘムズワース

月にある観測基地で働く軍人。

いつもムチャをするため、上司から目を付けられている。

元々は優秀なパイロット。

ジェフ・ゴールドブラム(デイヴィッドESD長官役)

ジェフ・ゴールドブラム

前作にも出演していたESDの長官。

侵略してきた異星人を食い止めるため、

ありとあらゆる可能性を追求する。

どこかで見た顔だと思っていたら、

ジュラシックパークの数学者役でした。(^^;

ジェシー・T・アッシャー(ディラン・ヒラー大尉役)

ジェシー・T・アッシャー

優秀なパイロットで一隊を率いるリーダー。

元々ジェイク・モリソン中尉とは仲が良かったが、

ある事故をキッカケに犬猿の仲になってしまう。

ビル・プルマン(トーマス・ホイットモア元大統領役)

ビル・プルマン

こちらの前作への出演者。

前作で印象に残っている素晴らしい演説をしていた人。

今回は出番は少ないですが、活躍しています。

マイカ・モンロー(パトリシア・ホイットモア役)

マイカ・モンロー

トーマス・ホイットモア元大統領の娘で

ジェイク・モリソン中尉の恋人。

ウィリアム・フィクナー(ジョシュア・アダムズ将軍役)

Prison Break: Mahone (William Fitchner) continues to follow leads in the PRISON BREAK episode "Wash" airing Monday, Feb 26 (8:00-9:00 PM ET/PT) on FOX. ©2007 Fox Broadcasting Co. Cr: Bill Matlock/FOX

前作で捕獲した異星人収容施設の責任者。

イメージ的にはアルマゲドンやパーフェクトストームで

ちょっと変わった人柄を演じていた印象が強いので

真面目な役柄は新鮮でした。

ブレント・スパイナー(ブラキッシュ・オーキン博士役)

ブレント・スパイナー

こちらも前作の出演者。

20年間昏睡状態が続き、異星人の襲来と共に目が覚めた。

天才的科学者。

スポンサーリンク

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の感想

120分くらいの映画でしたが、普通に面白かったです。

私が宇宙人とかに興味があるので、前作も何度も観ました。

ストーリーですが、ジェイク・モリソン中尉、

デイヴィッドESD長官、ブラキッシュ・オーキン博士の

3人が主人公で3つのストーリーで流れていきます。

まぁ、アメリカ映画ではよくあるパターンですね。

個人的には色恋沙汰が少ないのもGOOD!です。

3Dで観たので迫力もあり、映像も綺麗でした。

さすがに20年前を比べると雲泥の差ですね。

仕方がないですが・・・。

ただ率直に言えば、観ていてスターウォーズを

思い出しました。絵作りなどよく似ています。

SF映画なのでしょうがないところですね。

ストーリーはジュラシックパークを思い出しました。

たまたま最近観ただけなのですが、

次から次へといろんな問題が出てきて

ハラハラドキドキする、といった展開です。

ネタバレ注意!ここからはご注意ください!

まず異星人がモロに姿を現したのはいけませんね。

途端に作り話感が出てきます。作り話ですけど(^^;

特に最後の女王エイリアンとの格闘シーンは

凄い映像だろ!見て見ろ!と言わんばかりの

気合いの入れ様でしたね。

最後の最後にまだ続くと匂わせる様な

セリフがあるのも期待させますね。

続編が上映されたら観に行きますけど。(^^;

まとめとオススメ度

まず前作を観ていない方は絶対に観ておいた方がいいです。

重要なキャラが前作からの引継ぎというのが多いので

ストーリーについて行けなくなる可能性があります。

私は15年くらい前に観て、すっかり忘れており

途中ポカンとなりました(^^;

映画自体は非常によく出来ており、楽しめました。

まだ観ていない方は出来るなら3Dで観た方が良いと思います。

やはり映像の迫力が違いますね。

よって『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の

オススメ度は75%とします。

最近は75%ばかりのような気もしますけど・・・(^^;