【洋画】ロード・オブ・ザ・リング2つの塔を観た感想!映画!指輪物語!オススメ度は?


こんにちは。さときっちんです。

今回は「ロード・オブ・ザ・リング 2つの塔」を観た

感想を書いていきたいと思います。あとオススメ度もあります。

「指輪物語」を原作とするロード・オブ・ザ・リング3部作の第2弾です。

なお前作「ロード・オブ・ザ・リング」を観た感想はこちら。

【洋画】ロード・オブ・ザ・リングを観た感想!登場人物多すぎ!オススメ度は?

前作は気持ちのいいくらい途中で終わったので(笑)

必ず前作を観た後に観て下さいね。

ここから観始めてもサッパリ分かりませんよ(^^;

ロード・オブ・ザ・リング2つの塔

動画の予告編も載せておきますね。

      スポンサーリンク

「ロード・オブ・ザ・リング 2つの塔」のあらすじ

ミドル・アースでは闇の勢力がますます力を増大させている。

そんな中、離ればなれとなってしまった旅の仲間たちは三方に

分かれたまま旅を続けるのだった。

2人だけで滅びの山を目指していたフロドとサム。

そんな彼らの後を怪しげな人影が付け回す…。

サルマンの手下に連れ去られたメリーとピピンは隙を見つけて逃げ出し、

幻想的なファンゴルンの森でエント族の長老“木の髭”と出会う…。

一方、アラゴルン、レゴラス、ギムリの3人は、メリーとピピンを追う途中で、

国王がサルマンの呪いに苦しめられているローハン王国へとやって来る…。

~Yahoo!Japan映画より引用~

「ロード・オブ・ザ・リング 2つの塔」のメインキャスト

イライジャ・ウッド(フロド・バギンズ役)

イライジャ・ウッド2

ロード・オブ・ザ・リングの主人公。

「力の指輪」を譲り受けたため、冥王サウロンに狙われる。

指輪を破壊するために旅を続ける・・・。

ショーン・アスティン(サムワイズ・ギャムジー役)

ショーン・アスティン2

フロドの幼馴染。召使い?

フロドの良き話相手。精神的に支える。

どんな事があってもフロドから離れない。

ヴィゴ・モーテンセン(アラゴルン役)

ヴィゴ・モーテンセン2

かつて冥王サウロンを倒した人間族の末裔。

ロード・オブ・ザ・リング 2つの塔では主人公的な扱い。

誘拐されたメリーとピピンを助けようとオークを追い掛けるが

サルマン率いるサウロン軍に侵略を受ける

同じ人間族の国を救おうと奮闘する。

オーランド・ブルーム(レゴラス役)

オーランド・ブルーム2

エルフ族の王の子。弓の名手。

アラゴルンと行動を共にしてサルマン軍を迎え撃つ。

頭の回転も早く軍師的な存在。

ジョン・リス=デイヴィス(ギムリ役)

ジョン・リス=デイヴィス2

ドワーフ族の戦士。

頭は良くないがムードメーカー的な存在。

腕力が異常に強いが足は遅い。

イアン・マッケラン(ガンダルフ役)

イアン・マッケラン2

魔法使いであり賢者。

第1弾ではフロドに指輪を破壊するよう勧め、

旅をするきっかけを作った人物。

人脈が広くあらゆる国の人々から尊敬されている。

フロドの親代わり的な存在。

クリストファー・リー(サルマン役)

クリストファー・リー2

第1弾に続き今回も悪役の司令官。

ガンダルフの先輩にあたる魔法使い。

スポンサーリンク

「ロード・オブ・ザ・リング 2つの塔」の感想

感想としては「面白かった!」です。

前作もそうでしたが今作も面白かったです。

前作に比べファンタジー要素はかなり少なくなっておりました。

その点も私好みになっています。

ただ新しいキャラクターが多数登場して、また???となりました(笑)

人間族の長髪+ヒゲかぶりでまた区別が付かなくなりました。

2回見れば分かるんでしょうけど1回では難しいですね。(^^;

ネタバレ注意!ここからはご注意下さい。

2つほど、んん???と疑問点になった箇所があります。

第一に主人公であるフロドがほとんど活躍していません(笑)

完全に主人公がアラゴルンになっていましたね。

主人公は襲われたり捕まったりしただけです。

ま、その分アラゴルンが大活躍しますけどね。

フロドのストーリーが完全にサイドストーリー扱いだったのは頂けません。

第二に前作のクライマックスでガンダルフが谷に落ちて

死んだような描写があり、主人公も相当落ち込んでいましたが

第2作ではサクッと蘇っていますね。拍子抜けです。

まとめとオススメ度

前作をも上回るくらい面白かったです。

子供が見ても面白いと思いますので、家族みんなで見ることが出来ると思います。

ちょっと敵キャラの見た目が怖いシーンもありますが・・・。

と言うことで

オススメ度は前作と同じ80%です!

次回は目的の第3弾「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」の

感想を書く予定です。