【オススメ映画】八日目の蝉は感動必死!邦画の中でもかなり良い作品!感想もあるよ。


こんにちは。さときっちんです。

今回は日本の映画「八日目の蝉」について

キャストやストーリー、感想などを書いていこうと思います。

とてもいい映画でしたので当然DVDも買いましたよ(^^)v

あとこの作品を見て井上真央のファンになりました。

大河ドラマ「花燃ゆ」は見ませんでしたけどね(^^;

八日目の蝉

      スポンサーリンク

メインキャスト

井上真央(秋山恵理菜役)

井上真央

映画の主人公。

生まれてすぐ野々宮希和子(永作博美)に誘拐され、4年間育てられる。

その間愛情をたっぷり注がれて成長し、野々宮希和子を本当の親だと思っていた。

井上真央はその誘拐された子供が大人になった時の役で

誘拐犯を親と思って育ったこと、実の親との壁などに苦しみなどを見事に演じています。

安藤千草(小池栄子)と共に過去を見つめる旅に出発する・・・。

永作博美(野々宮希和子役)

永作博美

映画のもう1人の主人公。誘拐犯。

愛人宅から秋山恵理菜を誘拐して4歳まで育てます。

全国を転々として警察から逃げ回る中、子供には愛情を注ぎこみ

その姿には心打たれますね。

小池栄子(安藤千草役)

小池栄子

秋山恵理菜が子供の頃過ごした施設の友達。

大人になってからはフリーライター。

秋山恵理菜の誘拐事件に興味を持ち、一緒に過去を見つける旅にでます。

劇団ひとり(岸田孝史役)

劇団ひとり

秋山恵理菜のバイトする居酒屋の常連客で恋人。しかし既婚者。

秋山恵理菜を妊娠させてしまうが、本人は知らない。

劇団ひとりはお笑い芸人と思っていましたが、お芝居も上手ですね。

スポンサーリンク

八日目の蝉とは?ストーリーを紹介

2007年に角田光代さんにより発表された日本の小説。

NHKでドラマ化もされていますね。

放送当時は知らなかったので私は見てませんが・・・。

子どもを身ごもるも、相手が結婚していたために出産をあきらめるしかない

希和子(永作博美)は、ちょうど同じころに生まれた男の妻の赤ん坊を誘拐して逃亡する。

しかし、二人の母娘としての幸せな暮らしは4年で終わる。

さらに数年後、本当の両親にわだかまりを感じながら成長した恵理菜(井上真央)は

大学生になり、家庭を持つ男の子どもを妊娠してしまう。

~Yahoo!Japan!映画より引用~

「八日目の蝉」の感想

すごくいい映画でした。見終わった後感動しましたね。

子を思う親の気持ちと親を思う子供の気持ちがよく表現されています。

子供を育てる大変さ、子供を誘拐された家族の悲しさ、

信じていた親が実は誘拐犯だった心情が見事に映像化されています。

見ていてどんどん引き込まれていきました。

非常にオススメの映画です。

ここからはネタバレになるのでご注意ください!

一番泣けるシーンは全国紙に写真を取られ、逃げようとするラストシーンですね。

船乗り場で子供を先に行かせ逮捕されるところを見せたくない、

逮捕された後も晩御飯の心配をするシーンには思わず涙ぐんでしまいます。

刑務所を出た後の野々宮希和子を一切出さないのも上手いやり方ですね。

最後に写真を取りに来ていたわけですが、

どれだけ子供を愛していたか分かりますよね。

「八日目の蝉」のオススメ度は?

かなりのオススメ映画なのでオススメ度は90としておきます。

絶対見て損はありません!感動するはずです。

私は基本的に日本の映画はあまり見ないのですが、

この映画だけは自信を持ってオススメ出来ますね(^^)v