【オススメ映画】タイタニックは必見!歴代No.1映画!(だと思う)


こんにちは。さときっちんです。

今日は私的に歴代No.1の映画だと思っている

「タイタニック」の感想を書いていきたいと思います。

タイタニック1

40代以上の方はほとんど見たのではないでしょうか?

上映から19年経っていますので若い世代の方は

まだ見ていないという人も多いのでは?

絶対見て損することはない名画ですので是非ご覧になって下さい。

唯一の欠点は3時間以上もある長編映画ということくらいです(^^;

      スポンサーリンク

 歴史に残る名画「タイタニック」

単純にアカデミー賞でのオスカー受賞数だけ見ましても

タイタニックは歴代1位の11部門受賞しています。

11部門受賞した作品はこれまで3作品しかありません。

ベン・ハー(1959年)とタイタニック(1997年)と

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003年)だけです。

これだけ見ても歴史に残る名画だということが分かりますよね。

ちなみに私はまだロード・オブ・ザ・リングは見ていません(笑)

1997年当時、社会現象にまでなって船に乗ればカップルが

船首に立ってタイタニックのマネをしていましたよ(笑)

タイタニックのメインキャスト

レオナルド・ディカプリオ(ジャック・ドーソン役)

ディカプリオ1

タイタニックに主演後、一気に有名になりましたよね。

「レオ様」と呼ばれだしたのもこの頃からです。

タイタニック出演時はまだ23歳ですから、

無名でも仕方ありませんけど・・・。

今見てもかっこいいですね(^^)v

ケイト・ウィンスレット(ローズ・デウィット・ブケイター役)

ケイト・ウィンスレット1

こちらもタイタニックで一躍有名になりました。

ですがディカプリオと比べるとやはり活躍の場が少ないですね。

最近では「スティーブ・ジョブズ」で

2016年のアカデミー賞助演女優賞の候補になりました。

ちなみに2016年はディカプリオが初の主演男優賞を受賞して

「タイタニックコンビでオスカー受賞なるか!」と騒がれていましたね。

ビリー・ゼイン(キャルドン・ホックリー役、ローズの婚約者)

ビリー・ゼイン

ローズの婚約者としてジャックの妨害をする敵役でした。

(ま、婚約者なら当然ですが・・・)

タイタニックの時はシュッとして敵役ながらカッコよかったのですが

今は髪の毛が薄くなり少々残念になっていますね。

ちなみに比較写真はこちら。

ビリー・ゼイン1

一部では田中要次そっくりとの声もあるとかないとか・・・。

スポンサーリンク

映画「タイタニック」のストーリー

1912年、イギリスのサウザンプトン港から豪華客船タイタニックが処女航海に出発した。

新天地アメリカに夢を抱く画家志望の青年ジャックは上流階級の娘ローズと

運命的な出会いを果たし、二人は互いに惹かれ合う。

そこにはローズの婚約者である資産家キャルや、保守的なローズの母親などの

障害が横たわるが、若い二人はそれを超えて強い絆で結ばれていく。

しかし、航海半ばの4月14日、タイタニック号は氷山と接触。

船は刻一刻とその巨体を冷たい海の中へと沈め始めていた……。

~Yahoo!Japan映画より引用~

3DのDVD予告ですが、YouTubeの動画もどうぞ。

映画「タイタニック」の感想とオススメ度

3時間を超える長時間映画ですが、あっという間です。

どんどん映画の世界に引きずり込まれ、ひと時も目が離せません。

ポップコーンなどのお菓子を食べながら見ようとしても

食べるのも忘れて見入ってしまいます。

画像的には今のCG全盛期に比べて見劣りしますが、全く気になりません。

なるべく大画面で見た方がいいと思いますよ。

そんなタイタニックのオススメ度ですが、

自信を持って最高評価の100です。

というか、私の書いているオススメ度は

すべてタイタニックを100とした基準で書いていますから(笑)

まだ見ていない方も、昔見たけど久しぶりに見たいという方も

是非見て下さいね!