【邦画】僕だけがいない街の感想!ネタバレ注意!オススメ度は?


3月19日より公開されています

映画「僕だけがいない街」を見てきましたので

感想を書いていきますね。

以前見た映画で予告編が流れており、

面白そうだったので見てきました。

あとオススメ度も書いておきます。

原作をみていないので漫画との比較はできません。(^^;

僕だけがいない街

映画「僕だけがいない街」

Youtubeでの予告編

      スポンサーリンク

『僕だけがいない街』キャスト

藤原竜也(藤沼悟役)

藤原竜也

生年月日:1982年5月15日(33歳)

出身地:埼玉県秩父市

事務所:ホリプロ

有村架純(片桐愛梨役)

有村架純

生年月日:1993年2月13日(23歳)

出身地:兵庫県伊丹市

事務所:フラーム

中川翼(藤沼悟役、少年期)

中川翼

生年月日:2005年12月6日(11歳)

出身地:東京都

鈴木梨央(雛月加代役)

鈴木梨央

生年月日:2005年2月10日(11歳)

出身地:埼玉県

事務所:ジョビィキッズプロダクション

及川光博(八代学役)

及川光博

生年月日:1969年10月24日(46歳)

出身地:東京都大田区

石田ゆり子(藤沼佐知子役)

石田ゆり子

生年月日:1969年10月3日(46歳)

出身地:東京都

事務所:風鈴舎

スポンサーリンク

「僕だけがいない街」の解説、あらすじ

2014年度のマンガ大賞2位を受賞した三部けい作の

「僕だけがいない街」の実写化です。

主人公の藤沼悟(藤原竜也)は、「悪いことが起こる原因が取り除かれるまで」直前の

時間に何度も短時間でタイムスリップする「再上映(リバイバル)」という特殊能力の持ち主。

自分にとっては何のメリットも感じられない能力を持て余しながら、

アルバイトで生計を立てていましたが、ピザ屋で一緒にアルバイトしている

愛梨(有村架純)と、ある交通事故をきっかけに親しくなります。

そんな中、ある誘拐事件の真犯人に、母・佐知子(石田ゆり子)が気づいてしまい殺害され、

悟が犯人に仕立てあげられてしまいます。

ここぞと「再上映」を発動、母を助けようとする悟だが失敗に終わってしまいます。

もう一度「再上映」を発動させたところ、短時間ではなく、

20年近く前の小学生時代にタイムスリップ。

これは母が殺害された原因が20年前にあるということ。

悟は、その原因を取り除くため、2つの時代を行き来しながら事件の真相に迫っていきます。

~Ciatrより引用~

「僕だけがいない街」の感想とオススメ度

予告編が面白そうだったので映画を見に行ったのですが、

実際面白かったです。(笑)

上映時間は2時間でしたが、アッという間に過ぎてしまいました。

ただ見ている時は面白かったのですが、

見終わった時には特に印象に残らなかったです。

終盤に犯人と思しき人物を見つけて追い詰めていきます。

そこから二転三転あるのかと思ってドキドキしていたのですが

それは無く(笑)、あっさり終わってしまいました。

原作を知っていればもう少し楽しめたかもしれませんが

もう少しストーリーにひねりが欲しかったです。

まー最初に犯人に仕立て上げられていた人は犯人でなかったは

予想通りでしたが・・・。

と、ちょっと拍子抜けの部分もありましたが、なかなか面白かったです。

オススメ度は70%ですね。

ビッグネームを揃えた映画は大抵つまらないのが相場なのですが

映画代を払うだけの価値はあったと思います。

有村架純の役、いる?って感じがしないでもないですが・・・。

2016年の映画ランキング

2016年に見た映画を勝手にランキングです。

※かなり私見あり、カッコ内はオススメ度です。

1位:

・X-ミッション(80%)

2位タイ:

・オデッセイ(70%)

・エヴェレスト 神々の山嶺(70%)

・僕だけがいない街

5位:

・スターウォーズ7(65%)

6位タイ:

・白鯨との戦い(60%)

・ドラゴンブレイド(60%)

・ザ・ブリザード(60%)