【洋画】X-ミッションの感想は?オススメ度は何%?


今更ながら映画「X-ミッション」を見てきましたので

感想を書いていきますね。

3Dが良かったのですが2Dしか上映していませんでした。

2月20日公開でしたので3週間経過してますね(^^;

またオススメ度も発表していきます。

ちなみにお客さんは私1人だけでした(T_T)

X-ミッション1

予告編の動画もどうぞ

Xミッション予告動画

      スポンサーリンク

 X-ミッションの主な出演者

エドガー・ラミレス(ボーディ役)

エドガー・ラミレス

生年月日:1977年3月25日(38歳)

出身:ベネズエラ カラカス

国籍:ベネズエラ

ルーク・ブレイシー(ジョニー・ユタ役)

ルーク・ブレイシー

生年月日:1989年4月26日(27歳)

出身:オーストラリア シドニー

国籍:オーストラリア

テリーサ・パーマー(サムサラ役)

テリーサ・パーマー

生年月日:1986年2月26日(30歳)

出身:オーストラリア アデレード

国籍:オーストラリア

スポンサーリンク

あらすじ

アスリートとして動画投稿していたジョニー・ユタは

親友の事故死をきっかけに考え方を変更、大学に進み

FBI捜査官を目指します。

そんな中世界中で強盗事件が発生し、すべての犯行で

エクストリームスポーツを駆使した手口だったため

ジョニーはある集団に目を付け、潜入捜査を試みます。

しかし犯罪グループのリーダーであるボーディの考え方や行動に

次第に共感し始め、尊敬の念を持ち始めます。

FBIとしての任務を全うするか、尊敬するボーディについていくかを

描いた友情劇でもあります。

映画「Xミッション」の感想とオススメ度

まず第一の感想として非常に面白かったです。

最近の映画にありがちな複雑な人間関係、ストーリー、伏線などは一切なく

単純に頭を空っぽにして楽しめました(^^)v。

それでいてCGなどを一切使っていない画像は迫力満点で見ていてドキドキしました。

ホントにCGを使っていないのか疑いたくなるほどです。

ま、さすがに自然相手のサーフィンシーンとかはCGだと思いますが・・・。

スタントマンは一流のエクストリームアスリートを揃えただけのことはあります。

私の嫌いなラブロマンスも最小限に抑えられており、

単純に男の友情劇を描いた作品になっております。

頭を空っぽにして純粋に映像だけを楽しみたいという方には是非オススメです。

ということで、

Xミッションのオススメ度は80%です。

(過去最高の映画だと思っているタイタニックを100とした場合)

残念だったのは私の住んでいる地域では2Dの上映しかなくて3Dではなかったことです。

3Dで見たらオススメ度はもう少し上がっていたと思います。

まだ見ておられない方で近くの劇場で3Dを上映していたら

間違いなく3Dの方がオススメです。

あと私は映画最後のスタッフロールまでしっかり見るのですが

スタッフロールが異常に長かったです。

本編には関係ないですが・・・。15分くらいあったような気がします。

3曲分しっかり流されていましたから(^^;

有名な俳優さんを起用せずにここまで面白い映画を作ったことは

非常に評価してもいいと思います。

私も見る前は全く期待してなかったんですが、いい意味で期待を裏切ってくれました。


メルマガ登録
スポンサーリンク

フォローする