AKB48グループにひどい格差問題が!番組本数、衣装、給料、お弁当にまで格差!


本家AKB48と姉妹グループとの

格差が問題になっているようです。

1月24日放送の『AKBINGO』(日本テレビ)では

AKBの国内全グループが出演し、

本家AKBと姉妹グループとの格差について公表し、

スタジオ内が騒然となったようです。

      スポンサーリンク

1月24日放送の『AKBINGO』

この日の放送はAKB48に加え、

名古屋のSKE48

大阪のNMN48

福岡のHKT48

新潟のNGT48

の国内グループが全部集まり、

普段地方で活躍している姉妹グループが

本家AKB48に不満をぶつけるという内容でした。

番組本数に格差

まず最初にSKE48の松井珠理奈が

「AKBは冠番組が沢山あるのが本当に羨ましい」

「SKE48としてこの番組に出られたのは久しぶり」

だと発言しました。

番組の司会をしていたウーマンラッシュアワーの村本大輔は、

そのあまりの訴えぶりに

「人を切る前の侍みたいな顔をしている」

とツッコミを入れるほどでした。

それだけ

”AKBばかり冠番組を持っておりズルい”

と不満に思っているのでしょうね。

衣装に格差

続いてNMN48の矢倉楓子が

「AKBさんは1つのシングル曲に対して衣装が何着もある」

「絶対に一回しか着ない衣装があると思う」

「NMN48では衣装が少なすぎて、ファンの方が

”またこの衣装か”と覚えられるぐらいしかない」

女性らしく衣装についての不満をぶつけていました。

またNMN48のキャプテン山本彩も

「いつも一緒も衣装だから、DVDを見てもいつもやつかわからない」

と話していました。

スポンサーリンク

給料に格差

同じくNMN48の須藤凛々花は

「AKBに比べてめちゃくちゃ貧しいですよ」

と話し、同期でAKB48の川本紗矢に

「給料いくらもらってるの?」

とメールで聞いたことがあると話していました。

その後、人づてにAKB48の給料を聞いた

須藤凛々花はビックリし

「こんなにも差があるのか・・・」

と思ったそうです。

続けて須藤が

「お金がないからキャベツの千切りと納豆だけで

一ヶ月生活して、生活費を1万円で抑えました」

と苦しい生活事情を話すと、MCの村本は

「AKB48の木崎ゆりあは朝ごはんに5000円使っている」

と暴露。

すると須藤の木崎を見る目が一段と鋭くなったそうです。

見えないところで差をつけられている

あるアイドルライターの話によると

「過去にも番組でHKT48のメンバーが

AKB48の弁当の中身に違いがあると不満をぶつけていました。

ファンに見えないところでかなりの格差があるようです。

ただ、待遇の格差はハングリー精神を生み出しますので、

これにより伸びるアイドルがいるのも確かです。

なので一概に悪いとは言えません。」

と話していました。

華やかのアイドルの世界で活躍しているAKBグループですが、

ファンには見せないところで色々な不満や苦労があるのですね。