元・SMAPの木村拓哉が”裏切り者”イメージを払拭したいためキャラ変に挑戦中?


元SMAPの木村拓哉キャラ変に挑戦中のようです。

2016年のSMAP解散騒動の際、

他のメンバーを裏切りジャニーズ事務所に残留を

早々と決めた木村拓哉の好感度

急落の一途を辿っています。

木村拓哉本人もジャニーズ事務所も

よほど”裏切り者”のイメージを

払拭したいのでしょうね。

      スポンサーリンク

スタッフを気遣う木村拓哉

1月19日発売の女性週刊誌では

木村拓哉は「気遣いの鬼に」との見出しで、

共演者はもちろんスタッフにも

腰を低くして接していると報じられています。

ある週刊誌記者の話によると

「昨年のSMAP解散騒動で、

世間から一番評価を下げたのは木村拓哉

というのが世間一般の見解です。

なんとかこのイメージを払拭し、

心機一転イメージ回復を狙っているのでしょう。

その心がけで、スタッフに低姿勢になるのは

いいことだと思いますが・・・。」

と話していました。

国分太一司会の番組出演

SMAP解散後、初の主演ドラマである

『A LIFE~愛しき人~』の番線で

『白熱ライブビビット』に出演した際には、

緊張して固まる国分太一の肩を揉んだり

真矢ミキの決め台詞を真似て

「今日もビビット行くぞ」

と番組に対してのサービス精神を見せていました。

木村拓哉が怖かった

先ほどの週刊誌記者は続けて

「SMAP解散騒動前、5人が集まると

1番ピリピリしていたのは木村拓哉というのは有名な話です。

『ビストロSMAP』に出演したあるタレントの話によれば

『カメラが回っていない時の木村さんは凄く怖かった』

と話していたようです。

ところが最近ではスタッフがミスしようと、

段取りが悪かろうとニコニコしているというから驚きです。」

と話していました。

スポンサーリンク

キムタク神話はまだ健在なのか?

SMAP解散直後の初仕事ということであり、

木村拓哉は『A LIFE~愛しき人~』には

相当な決意を持って臨んでいるようですが、

第1回視聴率は14.2%と微妙な数字で、

過去に同時間帯に放送されたドラマに対して

約5%程度視聴率が落ちていました。

”キムタク神話”はもう通じなくなっているようですね。

俺様キャラはまだ健在!

またドラマの番宣で『フレンドパーク』(TBS)に

出演したい際にも、パートナーだった松山ケンイチを差し置き、

エアホッケーで1人ムキになっていました。

このことからも基本的な性格は変わっておらずの俺様キャラ

付け焼刃のキャラ変では没落した好感度の

V字回復は難しいでしょうね。


スポンサーリンク
メルマガ登録

A feed could not be found at http://matome-sokuhou.net/. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

フォローする