紅白で有村架純が高橋真梨子を怒らせた?淡々とした進行に怒り心頭!SMAPの影響?


2016年の紅白歌合戦の紅組司会を務めた有村架純

しかし有村架純が絡んだ演出で、

出場した歌手の高橋真梨子

怒らせてしまったようです。

原因は曲が始まる前に有村が読んだ

高橋のメッセージだったようです。

      スポンサーリンク

高橋真梨子が怒った原因は?

高橋真梨子は1月6日に放送された

『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS)に出演し、

更年期障害で体重が33キロ以下まで落ちたことや、

過去にあったトラウマなどを赤裸々に話していました。

紅白出場辞退も悩んでいたところ、

夫で音楽プロデューサーのヘンリー広瀬氏の

後押しもあり出場を決断したようです。

紅白本番では名曲「ごめんね・・・」を

熱唱した高橋真梨子。

2016年に芸能生活50周年を迎え、

これまでの芸能生活を繰り返した高橋地震のメッセージが

曲の始まる前に有村架純によって朗読されました

しかし有村は緊張してガチガチな状態で、

高橋のメッセージを感情を込めることなく、

抑揚を持たせるわけでもなく、棒読みしてしまいました

高橋真梨子はこれが気に入らず怒ってしまったようです。

有村架純はリハーサルで疲れていた?

NHK関係者によると

「有村架純は演技力には定評があります。

しかし紅白では本番前2日間のリハーサルで

疲れた果てた様子でした。

そのためなんとか本番を無事にこなすことしか

考えてなかったのかもしれません。

そのため終始緊張して表情が硬く、

ただ淡々と進行をすることが精一杯で、

演出にまで気が回らなかったのかもしれません。

こういう気遣いができなかったため

高橋が怒るのも仕方ないような状態でした。」

と話していました。

スポンサーリンク

有村架純にも自覚があった

有村架純は自分でも自覚があったようで、

紅白翌日の元日1月1日には自身のブログで

「紅白本番では口から心臓が飛び出そうな

ところからスタートし、グダグダな進行と、

聞き取りづらい滑舌と、声とで、

不快に感じた方もいたと思います。

本当にすみません」

と謝罪していました。

先ほどのNHK関係者は続けて

「2016年の紅白は全体的に”SMAP”ありき

演出が予定されており、

当然司会者にもそのことは伝えられていました。

しかしSMAPが出場辞退したため、

演出が二転三転してしまいました。

臨機応変にそのことに対応する必要に迫られた

有村架純もかわいそうといえばかわいそうですね。」

と話していました。

有村架純が紅白の司会を再び行うことはあるのでしょうか?


スポンサーリンク
メルマガ登録

A feed could not be found at http://matome-sokuhou.net/. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

フォローする