離婚した三船美佳と高橋ジョージ、娘に会えない悲痛の叫びをツイッターに投稿!


2016年3月に離婚が成立した

高橋ジョージ三船美佳

娘の親権は三船が持っており、

高橋ジョージが11月にツイッター

「我が最愛の娘へ。もう12歳なんだね。

2年半会ってないね。大きくなったんだろうね。」

とつぶいたことから、

三船美佳に対する批判が集まっているようです。

      スポンサーリンク

ネット上の反応

ネットに寄せられたコメントでは

「父親に会わせないのは娘にとってもかわいそう」

という批判的なコメントがほとんどですが

「裁判で決まったんだから諦めた方がいい」

などといった意見もありました。

裁判所の命令なんてありません!

問題のツイート後、高橋がさらに呟いたところ、

世間の三船美佳に対する印象が大きく変わったようです。

芸能記者の話によると

「高橋ジョージはこの日のツイッターで、

世の中には子供と引き離された親がたくさんいること

を実感したと語っています。

娘の誕生日に”会えなかった”のつぶやきに

対する影響が大きかったのか、

いろんな人にアドバイスをもらったようです。

高橋に対する同情の声も多かったのですが、

一番関心を引いたのは最後の

”裁判所の命令なんてありません”

の一言でした。

高橋ジョージが娘に会えないのは

裁判所の命令だと思っていた方が

ほとんどだったのではないでしょうか。」

と話していました。

スポンサーリンク

三船美佳の好感度が急落?

現在、三船美佳と高橋ジョージの話題は離婚原因よりも、

三船美佳による高橋ジョージの娘との

面会拒絶に注目が集まっています。

今回の高橋のツイッターでの発言に対し、ネットでは

「裁判所の命令がないのに、どうして

三船美佳は娘を父親に会わせないのか?」

「三船美佳が一方的に高橋ジョージを

悪者にしているのではないか?」

「そもそも三船美佳は不倫騒動を起こしているし、

母親としての自覚が少ないのではないか?」

など三船美佳を批判するコメントで溢れています。

離婚原因はモラハラではない?

先ほどの芸能記者は続けて

「もともと二人の離婚は三船が高橋を

モラハラで訴えたことが始まりです。

裁判もモラハラが主な論点になっていました。

しかし、離婚が確定した時、高橋は

”モラハラは一切なかった”

と文章で発表しています。

高橋ジョージが娘に会えないのは、裁判で

”娘に会いたがっていない”

と三船が主張したことになっているようですが、

事実は不明です。

ですが、実際に会っていないわけで、

高橋は娘の気持ちを聞くこともできません。

そのため現在では三船美佳に対する批判と共に

高橋ジョージに対する同情の声も多く上がっています。

いずれにせよ、二人には娘のことを

第一に考えて欲しいと思います。」

と話していました。

高橋ジョージはツイートの最後で

「悪口言われても、同情なんかされなくても、

子供に会えれば、それだけでいいんですよね」

と心の叫びをつぶやいていました。


スポンサーリンク
メルマガ登録

A feed could not be found at http://matome-sokuhou.net/. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

フォローする