TBSのドラマ『ALIFE~愛しき人~』に賭ける木村拓哉の意気込みがヤバい!


来年1月から放送が開始される

TBSのドラマ『ALIFE~愛しき人~』。

SMAP解散後の木村拓哉の初の主演ドラマとあって

話題を集めている医者のドラマです。

しかし木村拓哉が要求する無理難題なオーダーに

TBSは悩まされているようです。

木村拓哉

      スポンサーリンク

ドラマでは完璧を求める木村拓哉

ドラマ関係者の話では

木村拓哉は主演作に対する思い入れが非常に強く、

ドラマのセットはもちろん、

台本まですべて細かくチェックし、

納得がいかない箇所があればプロデューサーに

書き換えるよう求めてきます。」

と話していました。

木村拓哉の好感度が急落している

また木村拓哉は番宣があまり好きでないようで、

過去の例を見ても積極的ではありません。

それでも木村拓哉のブランド力で主演ドラマは

軒並み高視聴率をマークしてきました。

しかしSMAP解散の際のイザコザで木村拓哉の好感度は

急激に落ちているため、今後は高視聴率を取るのは

厳しいと言われているようです。

広告代理店関係者の話では

「SMAP解散による木村拓哉の人気の急落ぶりは

目を覆いたくなるほどです。

SMAPの裏切り者として悪者のイメージ

しっかりついてしまいました。

ジャニーズファンはもちろん、

一般視聴者からも避けられているのが現状です。」

と話していました。

今度のドラマは失敗できない!

木村拓哉も視聴者の反応に敏感になっているようです。

先ほどのドラマ関係者の話では

「木村拓哉としては自分の好感度を何としても

上げたいと考えており、

そのためこのドラマは絶対に失敗ができません

そのためドラマ関係者に対するオーダーが

今まで以上にキツくなっています。」

と話していました。

スポンサーリンク

共演者にこだわる木村拓哉

木村拓哉が高視聴率を取るために

一番拘っているのが共演者だと言われています。

TBSのホームページにはすでにキャストが発表されています。

ヒロインに竹内結子、その他では松山ケンイチ、

木村文乃、菜々緒、浅野忠信など豪華な共演者が発表されています。

しかしこのキャスティングも一筋縄ではいかず、

特に低視聴率を連発している松山ケンイチは

木村拓哉が相当難色を示したようです。

またそれだけでなく毎回ドラマに出演するゲストにも

注文を付けているようで、ドラマ関係者は続けて

「綾瀬はるかや石原さとみ、長澤まさみなどの女優や

注目度の高いベッキーなどを指名しているようです。

しかも一度断られているには関わらず、

再度オファーを出すように要望されているようです。」

と話していました。

ドラマの製作費が高騰!

ここまで豪華なメンバーを揃えると

ドラマの製作費は一気に高騰してしまいます。

ある芸能プロ関係者の話によると

「木村拓哉が1話で450万、他の共演者も竹内結子が200万、

浅野忠信が150万、などと言われています。

これに豪華ゲストの出演料を含めると

1話制作するのに1億円以上かかってしまいます。

と話していました。

これではよほどの高視聴率を取らない限り

スポンサーとしてはお金を出せないのではないでしょうか?

また木村拓哉はこの窮地をどう乗り越えて行くのでしょうか?


スポンサーリンク
メルマガ登録

A feed could not be found at http://matome-sokuhou.net/. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

フォローする