かわいい?AKB48を卒業する島崎遥香がセンターの話を断わっていた過去を暴露!


AKB48グループの現総監督である横山由依が

NHKBSプレミアムの「AKB48SHOW」にて

担当しているコーナー「横山総監督のはんなり相談室」に

ゲストとして卒業が決まっている島崎遥香が出演しました。

その際、島崎遥香は

センターの話はあったけど、ずっと断ってきた。」

と話をしたそうです。

島崎遥香

      スポンサーリンク

「横山総監督のはんなり相談室」

「横山総監督のはんなり相談室」は、

前総監督だった高橋みなみが担当していた

「たかみな総監督のお説教部屋」

という人気コーナーを引き継いだコーナーです。

横山由依

AKB48の現役メンバーと1対1で話し合い、

将来のビジョンや日々の悩みなどを聞いて

相談に乗ると言う人気のコーナーでした。

その流れを継いでいるため初めは

「横山総監督のお説教部屋」という名前でしたが、

横山由依は説教するというキャラクターでなかったため

「横山総監督のはんなり相談室」と名前を変えました。

島崎遥香のAKBで一番印象に残っていること

11月19日の「はんなり相談室」の放送では

卒業が決まっている島崎遥香が登場しました。

島崎遥香と横山由依はAKBの同期で、

島崎はこの7年で一番変わったことは

「たくさんの人にグループを知ってもらったこと。」

と話していました。

また一番記憶に残っていることは

初めてAKB48劇場の舞台に立った時。

音が大きかったこととマイクが重かったことを

今でもはっきり覚えています。」

とも語っていました。

またこの初舞台の時、

お客さんの顔が真っ白で見えなかったこと、

とにかく汗が止まらなかったと初舞台らしい

初々しい緊張したエピソードも話していました。

スポンサーリンク

センターを断り続けた島崎遥香

島崎遥香と言えば誰もが”塩対応”を

思い出しのではないでしょうか。

そんな塩対応と言われていた頃、

センターを務めるプレッシャーがあったのかと

横山由依が尋ねると

「プレッシャーはなかった。

ずっとセンターの話はあったんですよ。

でもずっと断ってました。

という過去も話していました。

しかし、『僕たちは戦わない』では

センターを務めていた島崎遥香。

この曲でもセンターを務めたくはなかったが、

前年の年末に決めた目標に

「センターをやってみる」

と書いたタイミングもあり、

センターを引き受けたことを暴露していました。

横山由依が語る二人のエピソード

また横山由依が二人のエピソードで

一番覚えていることは、

ホテルが同じ部屋だった時

「AKBを二人で担っていきたいね。

お互いもっと頑張ろう。」

と二人で励ましあったことだそうです。

最後に島崎遥香の卒業について横山由依が

「卒業を発表して何か心境に変化はあったか?」の問いに、

「心境が変わると思っていたけど、全然変わらない。

本当に卒業するのかな?(笑)」

と意外な返事をしていました。

また卒業後は

「3年間は自分の思うように頑張ってみる」

と芸能活動に精を出すことを話していました。


スポンサーリンク
メルマガ登録

A feed could not be found at http://matome-sokuhou.net/. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

フォローする