落ちぶれたフジテレビ、アナウンサーの問題発言多数!ドラマもダメ!女子アナも内定辞退!?


視聴率低迷、アナウンサーの問題発言、など

物議を醸す番組作りなどフジテレビへのバッシングは

各メディアから相次いで噴出しているようです。

またドラマでも低視聴率に苦しんでおり

視聴率が回復する兆しが見えません。

人材不足も深刻で、フジテレビに内定を貰った

女子アナ候補が他局へ流れているようです

どうしてここまで落ちぶれてしまったのでしょうか。

      スポンサーリンク

公共の電波で田中マー君の自宅を発表?

最近のフジテレビの問題としては、

11月10日に放送された『めざましテレビ』内の

クイズのコーナーです。

ニューヨークヤンキースに所属する田中投手が、

アメリカ大統領選挙で勝利した

ドナルドトランプ氏の所有するトランプタワーに

住んでいると放送されました。

またそれだけでなく『とくダネ!』でも

11月11日に笠井アナウンサーが

「田中投手の大家さんが大統領になる」

と発言するシーンもありました。

これらのフジテレビ放送に対して、

普段は温厚として知られる

田中マー君が激怒したそうです。

田中マー君だけでなく妻の里田まいも共に、

フジテレビの放送内容が全くのデタラメである

ツイッターやブログを通じてきっぱりと否定してしました。

田中マー君

さらに東京スポーツの取材に応じた田中投手は

本人に何の連絡もないままテレビ番組でクイズにされ

しかもその情報はデタラメ、

住んでいないところに住んでいるとされ、

わけのわからないことになっている。」

とでたらめな情報を公共の電波で放送した

フジテレビへの不快感をあらわにしていました。

この田中マー君の発言を受けてフジテレビは

放送した各番組内で一応の謝罪をしたようです。

スポンサーリンク

完全にプライバシーの侵害

あるスポーツ紙記者の話では

「情報が間違っているということはメディアにとって

あってはならないことですが、

それはさておき今回の発言は酷いプライバシーの侵害です。

有名人の自宅を堂々と紹介するとは

報道機関の一線を越えています。

フジテレビには放送前に内容をチェックする人はいないのでしょうか。

また今回の件が大騒ぎになるまで

フジテレビは謝罪する素振りは一切ありませんでした。

社会的な善悪を判断できないようでは

もうフジテレビは末期状態に近いと思います。

かつて視聴率三冠を達成した90年代には

想像できなかった落ちぶれ方ですね。

相次ぐドラマやバラエティ番組での惨敗、

ニュース番組での誤報や問題発言、

今やフジテレビがテレビ局のイメージを下げている

と言っても過言ではありません。」

と話していました。

低視聴率の上、人材が集まらない

フジテレビのイメージ悪化による影響は

視聴率のみに止まらないようです。

先ほどの記者は続けて

「今のフジテレビの懸念材料は他にもあります。

優秀な人材が集まらないのです。

かつてはキー局で内定を取りまくっていた

女子アナ候補がフジテレビを選ばなくなっているんです。

以前は高い給料で有名だったフジテレビも、

近年は大幅に給料を下げていると言われています。

そのせいでフジテレビに就職するメリットが

ほとんどなくなってしまいました。

そのため人気企業ランキングでも

フジテレビは大きく順位を下げています。」

と説明してくれました。

私自身、フジテレビはほとんど見ませんし、

今後も見る気はありません。

あの無理やり盛り上げようとする構成や

バカ騒ぎだけしている感じが、

バブルのころから抜け出せていない、

完全に時代錯誤な感じがして面白くないからです。

韓流ドラマでも流してろ!って感じです。笑


スポンサーリンク
メルマガ登録

A feed could not be found at http://matome-sokuhou.net/. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

フォローする