【アニメ】第2弾映画名探偵コナン14番目の標的の感想!ネタバレ注意!主題歌はZARD!


こんにちは、さときっちんです。

今回は劇場版名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)の

あらすじ、キャラクター、感想などを書いていきたいと思います。

1998年の公開作品なので、もう18年も前の作品ですね。

名探偵コナン2 14番目の標的

      スポンサーリンク

「名探偵コナン 14番目の標的」のあらすじ

探偵、毛利小五郎の周りで殺人未遂事件が連続発生。

いずれの現場にもトランプに関連のあるものが残されていた。

犯人が狙う人物は小五郎に関係があり、しかも名前に数字が入っている。

その数字をトランプに当てつけ、順番に殺していこうとしているようだ。

そして最後のスペードのエース、すなわち1を意味する人物は工藤新一だった。

~Yahoo!Japan映画より引用~

「名探偵コナン 14番目の標的」の主題歌

「少女の頃に戻ったみたいに」

作詞:坂井泉水

作曲:大野愛果

編曲:池田大介

歌:ZARD

「名探偵コナン 14番目の標的」のキャラクター

江戸川コナン(CV:高山みなみ)

江戸川コナン2

名探偵コナンの主人公。元は高校生探偵の工藤新一。

黒の組織の取引現場を目撃し、毒薬を飲まされ小学生にされてしまう。

毛利蘭(CV:山崎和佳奈)

毛利蘭2

毛利小五郎の娘で工藤新一の幼馴染。

別居中の両親を仲直りさせようとして夕食を企画する。

そのことが原因で後日母親が殺人犯に狙われてしまい・・・。

毛利小五郎(CV:神谷明)

毛利小五郎2

毛利蘭の父親で名探偵?。元刑事。

今作品では刑事を辞めた理由や、妻との別居の理由が描かれている。

全編に渡って活躍を見せている。

目暮十三(CV:茶風林)

目暮十三2

警視庁の警部。毛利小五郎の元上司。

あまり活躍はしないが重要なキャラクター。

毛利小五郎やコナンに協力的。

沢木 公平(CV:中尾隆聖)

沢木公平

毛利蘭が主宰した夕食会のレストランのソムリエ。

温厚な人柄でお金持ちからレストランを任せられる。

3か月前の事故により・・・。

声がドラゴンボールのフリーザだったので

そこばかり気になりました(笑)

スポンサーリンク

「名探偵コナン 14番目の標的」の感想

第1作目は30分アニメの延長という感が否めなかったですが

今作からしっかりと映画になっています。

ショートストーリが散りばめられているのではなく、

全体として一本のストーリーになっていました。

そのためストーリーに入り込みやすく、

1時間半はあっという間に過ぎてしましました。

ネタバレ注意!ここからはお気を付け下さい!

全体としては映画っぽくなっており楽しめましたが、

小学生、いや高校生がいきなりヘリコプターの操縦をしたり

銃を撃ったりと少々設定に無理がありますね。

ま、これを言うと映画自体がつまらなくなるのですが。

あと登場人物が多過ぎて名前を覚えられませんでした。

メインキャラクターならともかく、オリジナルのキャラが

10人以上出てくると分からなくなりますよね。

プロゴルファーなんかはいいやられ役だったので

名前も途中から分からなくなりました。(笑)

まとめとオススメ度

ちょっと登場人物が多くて混乱しましたが、

ストーリーも面白く、推理、アクションもあり

見てて飽きない映画でしたよ。

第1弾は少々拍子ぬけのところがありましたが

これはまさに映画でした。

ということで

オススメ度は75%です。

コナンのファンでなくても十分楽しめる作品だと思います。