巨人戦の放送は日本テレビのお荷物①!?上層部が高橋由伸監督を猛批判!


クライマックスシリーズで横浜に負け

今シーズンを終えた読売巨人軍。

そんな中、日本テレビ上層部が

高橋由伸監督を猛批判しているようです。

最近では巨人戦の視聴率も低迷の一途を辿り

日本テレビではお荷物扱いされているようです。

%e9%ab%98%e6%a9%8b%e7%9b%a3%e7%9d%a31020

高橋由伸監督

      スポンサーリンク

2016年巨人の成績

2016年の巨人の成績は

71勝69敗3分でセ・リーグ2位

という成績でした。

高橋由伸監督は去年まで現役選手でしたし

監督のルーキーイヤーと考えれば

立派な成績だと思います。

また優勝したカープとは最終的に

17.5ゲームも差をつけられました

今年のカープは神がかっていた強さ

高橋監督としては運がなかったと思います。

ちなみにカープは89勝52敗2分でした。

日本テレビは巨人を見限った?

決して悪くない成績を収めた高橋監督ですが

猛烈なブーイングを受けているようです。

その急先鋒が、なんと身内である日本テレビ

日本テレビ関係者の話では

「巨人戦がドル箱コンテンツだったのは昔の話。

今はゴールデンでも視聴率1桁は当たり前で

5%にも届かないことも珍しくない。」

との事です。

日本シリーズ進出をかけたクライマックスシリーズ。

初戦こそ地上波での放送がありましたが、

第2戦目からはCSのみの中継となりました。

スポンサーリンク

巨人戦の放送を無くしたい!

最近、日本テレビの視聴率は絶好調で

月間視聴率三冠達成記録を順調に伸ばしています。

※月間視聴率三冠とは午前6時から午前0時までの全日

午後7時から午後10時までのゴールデン

午後7時から午後11時までのプライム

の3つの時間帯の視聴率を差します。

そんな日本テレビ内で今問題視されているのが

巨人戦の放送です。

日本テレビ関係者の話では

「2016年、巨人戦の地上波放送は19試合でした。

内訳はデーゲームが14試合、ナイトゲームが5試合です。

地上波での放送を減らした分はCSで放送しましたが、

これは苦肉の策です。

そもそもゴールデンタイムに放送しても超低視聴率で、

放映権が1億円になる事もあります。

高額な放映権の割りに視聴率も期待できないので

いまや完全にお荷物状態になっています。

そのため、上層部は来年以降も徐々に放送を減らし

最終的には放送を止めたいと考えています。

上層部の中には『巨人戦は完全に不良債権』

周りに言いふらしている人もいるようです。」

と話していました。

また8月の日本テレビ社長の会見で

「巨人戦が低視聴率なのは事実。残念です。

このままではいけないと考えています。」

とも発言していました。

しかし放送停止に反発しているのが巨人戦の担当者らしく

担当としては”伝統の巨人戦”を任されている

プライドがあるようです。

担当者としては何とかして巨人人気を盛り上げようと

今年から監督になった高橋由伸監督に期待していましたが

期待していた割には視聴率が上がらず、

冒頭の高橋監督批判につながっていったようです。

続きます。

巨人戦の放送は日本テレビのお荷物②!?


スポンサーリンク
メルマガ登録

A feed could not be found at http://matome-sokuhou.net/. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

フォローする