『仰げば尊し』出演の高畑裕太、共演女優から「嫌い」の一言!発達障害?異常性が明らかに!


8月23日に宿泊先のホテルで

女性に暴行を加えたとして

逮捕された高畑裕太容疑者。

過去に高畑裕太と共演した女優が

事件前にある番組で「嫌い」

発言していたことが話題になっています。

また一部報道では発達障害とも言われており

その異常性を物語るエピソードも

出てきています。

高畑裕太0825

高畑裕太容疑者

      スポンサーリンク

過去の共演女優の発言

NHKの朝ドラ『まれ』で高畑裕太容疑者と共演した

清水富美加さんがバラエティ番組で

「はっきり言って『嫌い』です。

現場で体を触ってきたり、ロケ弁を食べていて

髪の上に落としたご飯をそのまま拾って

食べたりしていました」

と発言していたとネットで話題になっているようです。

清水富美加

清水富美加さん

ネットでは彼女は見る目があったと

絶賛されているようですよ。

このようなハラスメント行為が日常的に

行われていたようで、生理的に受け付けない

嫌い、となってもおかしくないでしょうね。

高畑裕太容疑者の発言の異常性

また高畑裕太容疑者本人がテレビ番組で

話していた行為に異常性が伺える場面もありました。

あるテレビ関係者の話では

「高畑は番組で『過去の失敗談』として話をしてました。

ある近所のカフェに行った時に、マスク姿で来ていた女性を

高畑の好きな女優さんと勘違いして『○○さんですよね?』と

興奮気味に話しかけたそうです。

当然、人違いでその女性は『違います』と拒否しました。

しかしその女性がドラマの台本を読んでいたことから

『やっぱり○○さんだ!』と思い込んだ高畑は

その女性がトイレに行こうと席を立った際について行き

ドアの前で出てくるのを待ち伏せしていたそうです。

そして出てきたところを再び話しかけて

マスクを取ってもらうように頼み込んだそうです。

当然お目当ての女優ではなく、ある有名なタレントさん

だったそうです。

事件、逮捕後にこの話がネットで話題になった際、

『衝動が抑えられないのか?』

『トイレの前で待ち伏せって異常過ぎる!』

という声が飛び交っていました。」

と話しているようです。

スポンサーリンク

高畑裕太は発達障害だった?

最近、よく耳にする『発達障害』。

ではどんな障害なのでしょうか?

主な症状を以下に書いてみますね。

・ASD(アスペルガー症候群)優位型

その場の状況、相手の気持ち、その行動により

どのような結果が起きるのかが予測できない障害。

思い込みがあり、認知や理解にズレが生じやすい。

・ADHD(注意欠如多動性障害)優位型

注意や関心の切り替えができない。思い付きで行動しやすい。

うっかりミスが多い。優先順位をつけることが難しく

主でない作業などに没頭してしまう。

・LD(学習障害)優位型

作業指示の呑み込みが遅い。同じ作業を何度やっても上達しない。

比率や割合の話を理解し辛い。マニュアルを読んでも理解できない。

などが発達障害の主な症状だそうです。

今回の事件や、トイレの前で待ち伏せするなど

ASD(アスペルガー症候群)優位型の症状が出ている気がするのは

私だけではないでしょうね。