【パチンコ】新台導入情報!CR鉄拳2 闘神ver!CR戦国無双猛将伝!


こんにちは。今回ご紹介する機種は

・CR鉄拳2 闘神ver

・CR戦国無双猛将伝

の2機種になります。

両機種とも名前だけ聞くとパチスロのイメージが強いですが

どちらもパチンコです。(^^;

      スポンサーリンク

CR鉄拳2 闘神ver(ビスティ)

CR鉄拳2 闘神ver.(ビスティ)

CR鉄拳2 闘神verの代表的なスペックは以下になります。

大当たり確率 1/319.7 (確変中:1/32.0)
確率変動確率 65%
賞球数 1 & 3 & 5 & 12
初当たり時メイン出玉 約720個
備考1 大当たり終了後、10回 or 100回転の時短
備考2 【ヘソ入賞時の大当たり振り分け】
16R確変(約1920個 時短:次回まで):12%
実質6R確変(約720個 時短:次回まで):47%
実質6R確変(約720個 時短:10回→次回まで):6%
実質6R通常(約720個 時短:10回):35%【電チュー入賞時の大当たり振り分け】
16R確変(約1920個 時短:次回まで):60%
12R確変(約1440個 時短:次回まで):2%
8R確変(約960個 時短:次回まで):3%
6R通常(約720個 時短:100回):35%

続いてはパチスロ777chの動画になります。

【パチンコ 新台】CR鉄拳2 パチンコ -闘神ver-(ビスティ)①

【パチンコ 新台】CR鉄拳2 パチンコ -闘神ver-(三洋)②

・CR鉄拳2 闘神verの特徴

アーケードゲームでお馴染みの「鉄拳」。

パチンコ機としては本機種で2作目で、前作同様にバトルタイプとなっている。

スペックは現行では最下限となる1/319.7の大当たり確率で、

確変継続率は65%。16R大当たりを電チューからの大当たりでは60%とし、

バトル勝利時には90%もの比率となっている。

さらにスピードアタッカーの採用と10カウント12個賞球の払い出しと相まって、

申し分のない出玉性能を有している。

演出面では、盤面を覆い尽くさんばかりの巨大役物「ギガ鉄拳ギミック」や、

48通りもあるバトル演出など、見応え十分だ。

通常時は全17ステージから構成され、その内の4つが特殊ステージとなっており

目の離せない展開が続く。

実戦で注目すべき点は優秀なステージ性能だ。

ステージ上での滞在時間が長めなので、しっかりと止め打ちをして

1回転でも多くデジタルを回そう。

またスピードアタッカーはこぼれ玉がほとんどなく、

センサーも瞬時に反応するためオーバー入賞は難しい。

時間効率重視で消化したいところだ。

~777@niftyより引用~

導入日は2016年8月下旬~となっています。
スポンサーリンク

CR戦国無双 猛将伝(サンスリー)

CR戦国無双 猛将伝(サンスリー)

CR戦国無双 猛将伝(サンスリー)の代表的なスペックは以下になります。

大当たり確率 1/159.0(合算)
確率変動確率
賞球数 2 & 3 & 6 & 15
初当たり時メイン出玉 約450個
備考1 直接大当たり確率:約1/259.0
Vチャレンジ経由大当たり確率:約1/411.7
備考2 Vチャレンジ確率:1/90
備考3 【通常時の大当たり振り分け】
4R+極戦バトルモード突入(極戦ボーナス 約600個 時短:100回):約6.3%
3R+極戦バトルモード突入(天下取りチャレンジ 約450個 時短:100回):約6.3%
4R+極戦バトルモード突入(戦ボーナス 約600個 時短:100回):約19.3%
3R(天下取りチャレンジ 約450個 時短:なし):約48.8%
8R(戦ボーナス 約1200個 時短:なし):約19.3%

【極戦バトルモード時の大当たり振り分け】
4R+極戦バトルモード突入(無双ボーナス 約1200個 時短:100回):約0.5%
3R+極戦バトルモード突入(無双ボーナス 約1200個 時短:1回):約99.5%

続いてはパチスロ777chの動画になります。

【パチンコ 新台】CR戦国無双猛将伝(サンスリー)①

【パチンコ 新台】CR戦国無双猛将伝(サンスリー)②

・CR戦国無双 猛将伝の特徴

本機はアクションゲームでお馴染みの「戦国無双」のタイアップ機。

「戦国無双」の名に相応しい、バトル型パチンコ機だ。

スペックは大当たり確率約1/159のライトミドルタイプで、

出玉は控え目ながらも一度「極戦バトルモード」へと突入すれば

すべて8R約1200個の出玉を獲得できる。

すべての数字図柄揃いから突入する「極戦バトルモード」は、

三極バトルシステムという類い稀なバトルを採用。

保留3変動の少ないチャンスながらもすべての変動が約40%の撃破期待度を誇る。

他にもアナログ的要素を取り入れた「Vチャレンジ」や、

リーチハズレ後からの「天下取りチャレンジ」など、

3種類の大当たりでゲームを楽しむことができる。

全体的なゲージ構成は、ステージ性能も含め若干辛目となっている点に

注意してもらいたい。特に寄り釘周辺のこぼれ玉が気になるところだ。

アタッカー・電チュー性能ともに良好なので、ストレスなく出玉を獲得できるだろう。

ただし、スルーの調整には十分注意が必要だ。

またラウンド間のインターバルが長いので、こまめな止め打ちをして

少しでも無駄玉を防ごう。

~777@niftyより引用~

導入日は2016年8月1日~となっています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事が良かったら「シェア」をお願い致します。


スポンサーリンク
メルマガ登録

A feed could not be found at http://matome-sokuhou.net/. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

フォローする