【洋画】ロード・オブ・ザ・リング王の帰還を観た感想!映画!指輪物語!オススメ度は?


こんにちは、さときっちんです。

ついにこのシリーズを観たいと思うきっかけであった

第3弾「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」を観ました(^^)v

「指輪物語」を原作とするロード・オブ・ザ・リング3部作の第3弾です。

なお各映画が独立しているわけではなく、完全に続き物となっております。

要するにシリーズは3本ですが、9時間モノの1本の映画となってます。

いきなり第3部から観ても訳が分かりませんのでご注意くださいね。

前作までの感想はこちらをどうぞ。

【洋画】ロード・オブ・ザ・リングを観た感想!登場人物多すぎ!オススメ度は?

【洋画】ロード・オブ・ザ・リング2つの塔を観た感想!映画!指輪物語!オススメ度は?

ロード・オブ・ザ・リング王の帰還

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

ついでに予告編も載せておきますね。

      スポンサーリンク

「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」のあらすじ

フロドとサムそしてゴラムは滅びの山を目指して旅を続けていた。

しかし、山が近づくにつれ指輪の魔力が強まりフロドはたびたび自分を見失いそうになる。

ある日、ゴラムが過去に指輪を川の底から拾いあげた仲間を

指輪欲しさに殺してしまったことをイメージで見るのだが……。

~Yahoo!Japan映画より引用~

「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」のメインキャスト

イライジャ・ウッド(フロド・バギンズ役)

イライジャ・ウッド3

ロード・オブ・ザ・リングの主人公。ホビット族。

目的の山に近づくにつれ指輪の魔力が大きくなり

意志とは無関係な行動を取り始めてしまう・・・。

ショーン・アスティン(サム役)

ショーン・アスティン3

ホビット族。フロドの従者。

段々おかしくなるフロドをなだめ、目的の山を目指す。

フロドの精神的支え。実はただの庭師(笑)

ビリー・ボイド(ピピン役)

ビリー・ボイド3

ホビット族。フロドの幼馴染。いたずら大好き。

ピピンのいたずらにより冥王サウロンが次に狙っている国が判明。

ガンダルフに連れられてその国に向かう。

ドミニク・モナハン(メリー役)

ドミニク・モナハン3

フロドの幼馴染。特に目立った活躍無し。

映画には関係ないですが海外ドラマ「LOST」に出てました。

全然気が付かなったです。

ドミニク・モナハン3-2

LOSTのドミニク・モナハン。顔が全然違いますね。

イアン・マッケラン(ガンダルフ役)

イアン・マッケラン3

魔法使いで賢者。周りの国中に知られた知恵者。

冥王サウロンの行動を読み取り、危険な国に警告して回る。

また武術にも秀でており剣で戦うシーンもあり。

ヴィゴ・モーテンセン(アラゴルン役)

ヴィゴ・モーテンセン3

人間界の王の末裔。フロドに変わりほとんど主人公的な扱い。

さすらいのレンジャーとして過ごしていたが、フロドに会い旅を共にする。

ほとんどの戦争シーンで大活躍をしている。

バーナード・ヒル(セオデン役)

バーナード・ヒル3

人間界のローハン国王。

統率力に優れ、冥王サウロンに攻め込まれた隣国の救援に向かう。

「王の帰還」で一気に活躍を始める。

デビッド・ウェナム(ファラミア役)

デビッド・ウェナム3

人間の国ゴンドールの執政官の息子。兵士長を務めている。

ただ執政官の父からは嫌われており信用されていない。

スポンサーリンク

「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」の感想

感想を一言でいうと「第3部も面白かった」です。

映画でよくあるような時間稼ぎとしか思えないようなシーンもないし、

それでいて3時間半の長編映画。濃い内容でした。

半分くらいが戦闘シーンでしたが壮大な映像で楽しめました。

この映画を観ようと思ったきっかけは「アカデミー賞11部門受賞」です。

歴代第1位タイの記録です。(他はベンハーとタイタニック)

私が歴代最高の映画と勝手に言っているタイタニックレベルの映画を

期待して観たのですが、さすがにタイタニックまでは届いてないですね。

でも記憶から忘れられるような平凡な映画よりかは断然面白かったです。

11部門受賞はダテではないです(^^)v

ネタバレ注意!ここからはご注意ください!

そんな「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」ですが、

腑に落ちないことが3点ほど・・・。

①主人公フロドの扱いが軽すぎる

フロドが出てくる場面はほとんど危機に陥ってるだけです。

しかも登場シーンも少なめで戦争シーンの間にちょこっと出てくるだけです。

最後の方はさすがに登場シーンが多いですが、もう少し主人公を立たせても

いいのでは?と思いました。

戦争には加わらず隠れて旅をするような脇役扱いですね。

②サムがいきなり強くなった

第1部、第2部では気弱な青年だったサム。

それがいきなり敵に殴りかかったり、4,5人に囲まれても倒すなど

いきなり強くなってました。

③最後にいきなり鷲が表れて敵を倒す

最後の戦いで冥王サウロンの親衛隊が出てきて、

皆が絶望しているところに全く記憶にない大きな鷲が

突然出てきて親衛隊を倒します。

思わず「それはないやろ!」って叫びました(笑)

あとは主役のイライジャ・ウッドが2年の間に成長したため

ずいぶん大人っぽくなってましたね(^^;

まとめとオススメ度

何点かツッコみどころはありましたが、シリーズ全体として面白かったです。

ほとんど飽きることがありませんでした。

問題はシリーズ全部観ると9時間半かかる超長編映画ということと、

登場人物が多く特徴もよく似てるので見分けがつかず

混乱することくらいです。

最後までメリーとピピンの区別が出来ませんでした。(笑)

と言うことで

オススメ度は前作と同じ80%です!