子供の運動会に出現したモンスターペアレントの実態とは!


子供関連の一大行事と言えば運動会がありますよね。

わが子の頑張っている姿を応援したいのは

どの親にも当てはまる事だと思います。

しかし最近では自分の事、自分の子供の事しか考えない

モンスターペアレントが運動会でも問題になっています。

今回は実際に運動会であった

モンスターペアレントの実態についてまとめてみますね。

モンスターペアレント

      スポンサーリンク

場所取りでのモンペ振り

『前日の場所取りでシートではなくビニール紐で

広範囲の場所取りをしていた。』

『(場所取り解禁の)合図が鳴ったと同時に、

フェンス近くで待っていたお父さんが、シートを大きな石でくるんで

人気の日陰の場所に投げこんでいました。

確かに走って取りに行くよりは早いですが、正直ルールなんて

なにもないんだなと呆れてしまいました』

『場所取りの時に、私達のシートの上に(自分たちの)シートを敷いて、

座る場所を確保していました。

さすがに「ここはうちが敷いてるので」と、どかせてもらいましたが』

『場所取りの為にたくさんの人が走っている中、

私の前方に大きめのブルーシートを広げて走っている親。

危ないなぁと思っていたら、そのシートがひらひらと私の足元へ。

その途端、私の両足にそのシートが絡まり転倒。

シートの持ち主は、振り返る事も私を見る事もなく、

そのまま場所取りへ走り去っていきました。

後日談ですが、翌日から右胸が痛むなぁと思い受診したら、

肋骨にヒビが入っていました・・・。

数百人もいるマンモス校なのに、シート広げて走るなんて!!

病院代よこせ!と思っています。』

わが子の一大イベントですから、何としてもいい場所で!

と思う気持ちは分かりますが、何をしてもいい訳では

ありませんよね。

常に自分の行為が周りの方に迷惑をかけていないかを

意識して行動してもらいたいものです。

子供の応援でのモンペ振り

『ちょっとガラの悪そうなヤンママ集団がいて…

我が子の応援だけならまだしも「そんなやつ、抜けよ!」

「倒せよ!」「ラッキー相手弱いやつじゃん!イケる!!」と、

ギャーギャー騒いでいた』

『わたしが自分の子を応援している隣でビデオを撮っていた方に、

「うちのビデオにあなたの声が入ってしまうので、

静かにしてください」と言われました。

頑張る子を応援しているだけで、悪い事をしているわけではないのに・・・』

『最後の1番盛り上がるクラス対抗リレー。

自分の子供が抜かれたからと抜いた子供を罵倒する親。

ぶつかり転倒した際はぶつかった親に文句をいいに行く保護者。

本当にやめてほしいです。』

場所取りは大人の問題ですが、頑張っている子供に対する

暴言を吐く親はどういう神経をしているのでしょうか?

自分の子供が抜かれたからと言って、抜いた子を

罵倒するなどありえませんね。

罵倒するなら自分の子供をもっと応援すればいいのに、

と思います。

ビデオカメラの撮影問題も10年くらい前から言われていますね。

運動会

運動会のビデオカメラの様子

スポンサーリンク

飲酒にBBQ!やりたい放題のモンペ振り

『観覧席で、イチャイチャとキスばかりしていた馬鹿夫婦。

家でやれー!』

『アルコール禁止なのに、水筒にビール(自らしゃべっていた)を

入れて持参。そこまでして飲みたいものですかね… 』

『BBQをしている保護者グループがいました。呆気にとられました』

もはや運動会をキャンプ場などと勘違いしていますね。

運動会の主役はあくまで「子供たち」であって

親は「応援する側」の立場です。

自分たちの楽しみを第一優先にしている親も

少ないですがいるようです。

この他にも「犬を連れてきた」「どこでも喫煙」

「駐車場をめぐるトラブル」などの問題も多いようです。

ひと昔前では考えられないことばかりですね。

場所取り競争は昔からありましたけど(^^;

どれも良くない行為ですが、一番イケないのは

「他の子供を罵倒する」といった行為ですよね。


メルマガ登録
スポンサーリンク

フォローする