姫路城の人気が急騰!客殺到で3時間待ち?修復費用を1年で回収?


全国的に続くお城ブームで兵庫県姫路市にある

姫路城(別名;白鷺城)の人気が急騰しているようです。

姫路城は昨年3月に約5年半に及ぶ

「平成の大改修」を終えてグランドオープンしたばかり。

総改修費は約24億円とも言われています。

姫路城

      スポンサーリンク

グランドオープン後の姫路城

晴れた日は真っ白な五重七階の大天守閣が

威風堂々な姿を現し、見る者に感動を与えています。

グランドオープンしたばかりの頃は

あまりにも白すぎて「白すぎ城」と言われていましたね。

白すぎ城

白すぎ城?

大人気、姫路城!

現在は天守閣に入るのに三時間待ちと

どこかの巨大テーマパーク並みの大人気になっています。

2015年の入場者数は12月9日に222万人を突破し、

国内の城訪問者の過去最高記録を更新しました。

ちなみにそれまでの記録は2008年の熊本城の

221万9千人が最高記録でした。

2016年に入ってからも人気は衰えておらず、

例年客足の細くなる1,2月期でも

異例の大幅増を記録しているそうです。

タクシー運転手によると「1日1万人くらい来ている」

との事です。

大人の入場料が1000円、子供は300円と考えて

単純計算しても20数億円は売り上げています。

たった1年で大改修にかかった24億円を回収していると

考えて間違いないと思われます。

なぜ姫路城が人気なのか?

人気の秘密は姫路城建築当時の姿に戻ったこと。

現在の五重七階の連立天守閣が出来たのは

1609年の池田輝政の時代。

以来、城主は変われど一度も戦争で焼かれることなく、

太平洋戦争の空襲にもあいませんでした。

それ故に築城当時から姿を変えることなく

現在まで残っている非常に珍しいお城です。

その「本物」という事が評価されて

1993年に奈良の法隆寺と共に日本初の

世界遺産に認定されています。

歴史愛好家によれば

「江戸時代以前に築城され、現在も天守閣が残っている城は

全国に12城ほどありますが、お城の規模や美的観点から

姫路城は飛び抜けた存在です。」

と語っています。

スポンサーリンク

姫路城の城主は有名人

また姫路城の城主は歴史的有名人が多いのも特徴です。

順を追って見ていくと

・黒田職隆(黒田官兵衛の父親)、官兵衛は姫路城生まれ

・豊臣秀吉(天下人)

・池田輝政

・本多忠政(徳川四天王、本多忠勝の息子)

と有名人が城主を務めています。

ちなみに怪談話「1枚、2枚・・・一枚足りない・・」の

お菊さんの井戸も姫路城にあるのですが、

こういった怪談話は全国に残っているそうです。

映画やドラマのロケ地としても有名

姫路城は映画やドラマのロケ地として何度も使用されています。

なので自然と視聴者の記憶に残っているのだと思います。

有名どころでは

・NHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」

・映画「大奥」

・映画「憑神」

・映画「天地明察」

・映画「007は二度死ぬ」

などのロケが行われてきました。

また隣接する日本庭園「好古園」でも

・時代劇ドラマ「大岡越前」シリーズ

・映画「るろうに剣心」

の撮影で使用されています。

姫路城管理事務所の担当者は

「一過性のブームではなく、いつまでも観光客に愛される

観光名所になって欲しいと願っています」

と話しているようです。


メルマガ登録
スポンサーリンク

フォローする