池上彰のニュースそうだったのか!!まとめ1!輸入自由化以降!ゆとり教育以降!など


土曜日にテレビ朝日系列で放送されています

「池上彰のニュースそうだったのか!!」

まとめサイトを作ってみました。

池上解説を分かりやすく説明していきます。

今回題材にしているのは

3月5日(土)の放送分です。

とても分かりやすく説明しますので

皆さんもしっかり勉強して下さいね。

池上彰1

池上彰さん

      スポンサーリンク

○○以降の○○を知ろう!

・輸入自由化以降

日本は1991年に輸入自由化されました。

それにより何がどのように変わったのでしょうか?

日本は1991年まで農業や畜産産業やを守るため

食料の自由化をしていませんでした。

しかし1991年、オレンジと牛肉の輸入自由化を

アメリカの圧力に押し切られてしまいました。

ま、アメリカの言い分としては

「日本は大量の製品をアメリカで売っているのに

アメリカの製品を日本で売れないのはおかしい。」

ということも理解できますよね。

これにより安い外国産のオレンジと牛肉が日本に入り

極端に値段が下がってしまいました。

最初こそ安い製品に押され気味でしたが、そこは日本人です。

農家や畜産家が量より質にこだわり、品質を上げていきました。

今では「ブランド和牛」として世界中に知られていますよね。

牛肉

・男女雇用機会均等法施行以降

1986年に施行された男女雇用機会均等法。

この法律は職場での女性差別(雇用や昇進など)を

無くすことで女性の社会進出を目的として施行されました。

これにより何が変わったのでしょうか?

最初は素晴らしい法律に思えましたが問題が発生しました。

結婚や出産しても女性が働けるのは良いことですが

職場に女性が増えてしまい、セクシャルハラスメント問題

各地で頻発するようになりました。

この頃からセクハラだけでなくパワハラなども含む

○○ハラスメントという言葉も出来始めました。

職場

・個人情報保護法試行以降

ネット社会が始まってから個人情報の扱いが

報道でよく取り扱われるようになってきましたね。

個人情報の流出や目的外の使用を禁止する

個人情報保護法が2005年に施行されました。

法的には「個人の権利と利益を保護する」となっています。

昔の学校の卒業アルバムに個人の住所や電話番号が

書いているのが普通でした。

更には雑誌に芸能人の住所が普通に載っていました。

ファンレターを出すため、というのが理由でした。

しかし2002年の住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)

により、全国の地方自治体がコンピューターで結ばれ

どこの地域からでも国民全員の情報が閲覧できるようになりました。

さすがにそれはマズいので個人情報を保護しようという目的で

個人情報保護法が施行されました。

この法律が出来て以降は本来の目的以外での

個人情報の使用が禁止されるようになりました。

また本人の同意なしで第三者に提供することが

禁止されるようになりました。

個人情報

スポンサーリンク

・ゆとり教育以降

職場などで「これだからゆとり世代は・・・」と

聞いたことはありませんか?

また日本の学力低下はゆとり世代から勉強量を

減らしたためとも言われています。

元々日本は詰め込み教育で徹底的に勉強させてきました。

しかしそのため学業について行けない、

いわゆる”落ちこぼれ”と言われる子供が出てきて

その子供に体罰をする、などの社会問題になりました。

そのため授業時間を減らして、ゆとりある生活を

送ってもらおうとゆとり教育が始まりました。

ちなみにこのゆとり教育は1977年に始まっています

ですから今の40歳以下の方はゆとり世代となります。

ですがなぜ最近の若者に対してのみ”ゆとり世代”と言われるのか。

それはゆとり教育の取り組みが段階的に授業量を減らしたため

最も授業が少なかったのが今の20代の世代だからです。

週休二日が始まったのも1992年以降です。

それまでは毎週土曜日も授業はありました。

ゆとり教育

・センター試験以降

1990年以前のセンター試験は「共通一次」試験と呼ばれていました。

現在ではすべての国立大学と多くの私立大学で導入されています。

試験はマークシート方式で、毎年1月中旬に行われています。

昔の国公立大学は1期を2月に、2期を3月行っていました。

イメージとしては1期で合格できなかった人が2期を受験する

といった感じでした。

しかしそれにより格差が生まれてしまったため、

全国で一斉に試験を行うために共通一次試験が始まりました。

またバランスの取れた良い試験問題を作れる人が

そんなに多くいなかったという問題もあったそうです。

共通一次試験ですが、試験の結果次第で

受験できる大学が限られていました。

そのため志望校を受験すらできないという問題が発生したため

この問題を解決しようと始まったのがセンター試験になります。

センター試験では受験科目を選択できるようにして

受験生の負担を減らすように改善されています。

また大学側にもメリットがあり、

センター試験で基礎学力が分かっているので

2次試験では面接や小論文を取り入れることが可能になりました。

しかしここにきてマークシートでホントの学力が分かるのか?

と言いう声も多数出てきており、

現在では、年に数回、記述の試験を行い、一番良い成績を採用する

というアメリカ方式に変わる事が議論されているようです。

ですがこの方法も「高校のカラキュラムが消化できない」と

言われているようです。

センター試験

つづきます(^^;

池上彰のニュースそうだったのか!!まとめ②!IT革命以降!国鉄民営化以降!など