嵐のアリーナツアーチケット、顔認証で裏技不可!会員激減の恐れもあり!


23日から始まる人気アイドルグループ

「嵐」の全国アリーナツアー。

今回から入場時に「顔認証」で本人確認

行われるため、ファンの間に衝撃が走っているそうです。

嵐のアリーナツアーのチケットはファンクラブの会員のみに

販売していますが、今回のチケット販売から

購入申請時に顔写真の送付も義務付けられており

コンサート入場の際に「顔認証」を行うようです。

嵐

      スポンサーリンク

顔認証の理由は「転売禁止」

ある音楽関係者によると

「嵐のチケットはプラチナチケットと呼ばれ

毎回、激しい争奪戦が起こります。

それだけにネットオークションでの転売目的で

購入する人が後を絶ちません。

ネットオークションではペア2名のチケットで

最大30万円もの値段が付いたことがあります。

顔認証の導入はこの転売目的の購入を

禁止することが一番の狙いですが、

もし顔認証に時間がかかれば、コンサートの

開始時間が大幅に遅れるなどのリスクもあります。」

と話しています。

チケット

チケットの抽選倍率は驚きの60倍!

それでも手に入れたいファンは後を絶ちません。

一番抽選確率の低い場合でも30倍、

横浜などの大都市圏でのアリーナツアーだと

抽選倍率が60倍にも達することがあるそうです。

純粋な嵐ファンにはいい迷惑ですが

これだけ人気があるのだから転売目的で

購入する人も多いですよね。

スポンサーリンク

「顔認証」で会員数激減の恐れ?

この「顔認証」を導入することで

転売目的の購入申請を防ぐことは可能ですが

嵐ファンクラブの会員数が激減する恐れもあるそうです。

レコード関係者によると

「ファンクラブ会員が1名義で申し込めるチケットは2枚までです。

しかしそれでは当選することが難しいため、

熱狂的なファンは親や親類、または友人に名前を借りて

1人で20、30名義も登録している方も多数います。

ファンクラブの会員数が多いだけで儲かっていました。

しかし今回の顔認証の導入で、名義だけ貸していた

『幽霊会員』の数が激減する恐れもあり、

ファンクラブの会員数が大幅に減るかもしれません。」

と語っているそうです。

幽霊会員が減るとその分当選確率が跳ね上がるので

純粋な嵐ファンにとっては良いことかもしれませんね。


メルマガ登録
スポンサーリンク

フォローする