睡眠時間と死亡率の関係が明らかに!長すぎる人は要注意!あなたは大丈夫?


忙しい現代人、特に仕事に追われている方は

睡眠時間を確保するのも難しいですよね。

平均睡眠時間は6時間だそうです。

寝不足が体に良くないとはよく言われていますが、

実は寝過ぎも体に良くないことが分かりました。

睡眠が多すぎると死亡率が上昇するようです。

睡眠1

      スポンサーリンク

睡眠不足による体への影響

睡眠不足が体に良くないということは良く知られていますね。

一般的に睡眠不足により肥満や心臓病のリスクが高くなると言われています。

4時間以下の睡眠は心拍数を上昇させ、高血圧を招き

心臓への負担が大きくなるそうです。

心臓

8時間以上の睡眠も体に悪い

しかしノルウェーと台湾で行われた研究により

8時間以上の睡眠も体に悪いことが証明されました。

台湾で行われた調査では約40万人の成人男女を対象に

1998年から2011年まで13年間睡眠状況の

調査を行いました。

この間711名が心臓病で亡くなったようです。

スポンサーリンク

台湾での調査結果

調査の結果、睡眠時間が4時間以下の人は4~8時間睡眠の方に比べ

心臓病になる人が50%も多かったようです。

明らかに睡眠不足の影響が出ていますよね。

それだけではなく8時間以上寝ている方も心臓周りの血行が悪くなり、

心臓病になるリスクが53%も高かった事が判明しました。

4時間から8時間睡眠の方は健康を害すようなリスクは

見られなかったようです。

研究者の間でも、なぜこのような結果になったのか分からず、

現在も調査を続けているようです。

男女差、年齢も関係

先ほどの台湾の調査結果から、男性よりも女性の方が

睡眠による心臓病リスクが高いことが判明しました。

また65歳以上になると顕著にこの傾向が現れるようです。

このように寝不足だけでなく寝過ぎも体に悪影響を与えます。

どれだけ寝ても眠い・・・と休日などはずっと寝ている方は

要注意が必要ですね。

睡眠時間は4~8時間にトドメておきましょう。